ダイエット

肥満タイプをチェック!太り方診断

自分の太り方をチェック!「4コマ漫画」

ダイエットをはじめよう!

っと意気込む前に自分自身の身体の状態を把握しておくことでダイエットの成功率が各段にあがる。

なぜか?

その理由は自分に合うダイエットを見つけやすくなるため。

例えば「太り方のタイプ」と言うものがある。自分の太り方はどのタイプに属しているのを見極めることで痩せやすい身体を効率的に作り出すことが可能です。


自分の太り方がわかれば、痩せかたもわかるかもしれない☆彡

自分の太り方を知る

「太ってきた」
「最近、脂肪がお腹の周りについて土星かよ!」

その脂肪で作られた防御着はどのような太り方をしているのだろう?

単に太っていると自分の身体を見ているだけの人も多い。そこで少し切り込んでみるとよい。

「わたしはどんな太り方をしている?」

ダイエットを始める前に自分の太り方のタイプを知ることが重要。

ドラム缶と言われるドラえもん体型でもよい。お腹だけが異常に出ている満腹時の大食いチャンピオン体型でもよい。とにかく自分の身体を鏡に向かって一度確認する。

自分の肥満についてどう思っているのかアンケートをおこなった。回答数344人を集計したところ次のような結果が判明した。

  • 脂肪太り …138人
  • むくみ太り …46人
  • 筋肉太り …37人
  • 水太り …14人
  • わからない …36人
  • ダイエットをしていない …66人
  • その他 …7人(2%)

太っていると自覚がある人の多くが「脂肪太り」と考えている。

太り方には種類があるのだが、ダイエットには脂肪を減らすことが最重要課題だと認識している人が多い。

自分の姿を鏡で見た結果はどのような太り方だと確認した?

やはり「脂肪太り」?

その分析した結果のタイプを用いて、ダイエットで効率的に痩せる方法を見ていく。

太り方のタイプを知る「チェック!」

自分の太り方がわかったら、効率的に痩せるダイエット方法を実践していくことになる。太るタイプを参考にして、自分に合うダイエット法を見つけていく。

脂肪太り

「脂肪太り」は回答者の4割を越えている。本来、脂肪は身体が受ける外部からの衝撃を吸収する大切な組織。

しかし余分についてしまうことがある。この余分につく脂肪により身体が横に大きく見えてしまう。

憎っくき脂肪!

運動も食事制限もせず欲のままの生活を繰り返していると簡単に消費量よりも摂取量が増えてしまい余分な脂肪が日に日に溜まっていく。

溜まっていく脂肪で「いつかはトランポリンがしたい」などとお気楽なことを考えている暇はない。余分な脂肪の積立金はいらない。

対策の方法

対策としては、「お菓子を我慢する」こと。

そして「2駅分歩く」ことがよい。

いきなり過酷なダイエットに挑んでも続かない場合が多い。

なぜ脂肪がつくように太ってしまったのか?それは日頃の生活習慣の中で甘えてきた部分があるから。人は楽な方に流されやすい。それが心情というもの。仕方がない。しかし仕方がないでは済まないことがある。

脂肪太りは病気になるリスクが非常に高く、糖尿病が発症すると足を切断することもある。あまりにも代償が大きすぎる…。

そうならないためにも、適度な運動と食事制限で消費カロリーを増やすのが最善になる。最初から無理をしないこと。できる範囲からはじめるとよい。脂肪太りは継続できる環境を作ることがダイエットの成功につながるポイントになる。

むくみ太り

むくみはなぜ起きるのだろう?

むくみは全身のリンパの流れが滞ってしまい、老廃物などが溜まって起こる症状。とくに血流の循環が悪くなっている冷え性の人に多く見られる。

皮膚の間に余分な水分が溜まることで横に膨れて見える。水がたっぷり入った風船を待ち針で刺すことで風船が割れるため水分が風船の中から無くなる。

しかし、皮膚ではそうはいかない。

待ち針で皮膚を刺すと痛い。当然。そもそも刺したところで風船のように水分は出ない。人間の身体はそう単純ではない。

対策の方法

対策としては、「ストレッチ」を行う。

そして「マッサージ」など身体全身を刺激することが重要。とくに第二の心臓と呼ばれる「ふくらはぎ」をマッサージすると効果的になる。

ふくらはぎはポンプと同じ。

二足歩行の人間は老廃物が下半身に溜まりやすい。そこでふくらはぎのポンプをマッサージすることにより上半身に老廃物を流し送る。

老廃物が流れるということは血流がよくなり、栄養や水分の流れも向上することを意味する。水分が身体の中を効率よく流れることで、余計な水分が排泄物・尿として体外に排出される。そしてむくみが改善される。

筋肉太り

スポーツをすると筋肉がつく。

筋肉は脂肪を燃やすためダイエットには欠かせない組織になる。筋肉があるからこそ身体は動く。身体が動くためにはエネルギーが必要。このエネルギーを使うために筋肉が「ちょっと使うぜ脂肪さん!」と脂肪を燃やしていく。

しかし女性は筋肉がつくことを嫌う傾向がある。恐らくゴリゴリマッチョマンをイメージしているのでは?

ただ、最近では女性芸能人が筋トレをはじめだし、それをファンが割れた腹筋を見ることで「わたしもあのくらいなら頑張れるかも」と筋肉に対して抵抗感が少なくなってきたように思える。

筋肉が付くのが嫌だからといって運動をせずに食事制限だけをすると不健康な身体に見えてしまうことがある。筋肉はスタイルを維持させるために必要なもの。

対策の方法

対策として、筋肉は緊張により固まってしまうとその部分が痛くなってしまうこともあるため、固まった筋肉をほぐしてあげることが大切。

一般的に無酸素運動で筋肉がつきやすいため、加減をしながらおこなうとよい。

筋肉が付くのに抵抗がある人は「有酸素運動」を中心におこなうとよい。有酸素運動は筋力を委縮することなく脂肪を燃焼させることが可能。身体の負担も少ないため長続きしやすいメリットもある。

水太り

むくみと同じく、血流の悪化や塩分の摂り過ぎによって身体に水分が溜まってしまう。塩分や血液の流れが悪くなるのは何が原因なのだろう?

正解は水分不足。

対策の方法

水太りなのに水不足というアンバランスな組み合わせなのだが、水不足により血液がドロドロの状態になってしまっているため、対策としては「水分を摂ることで血液の流れを良くする」必要がある。

ただし注意が必要。

水分を摂り過ぎるとむくみの原因になってしまう。バランスが重要になる。一気に水分を摂るのではなく、こまめに摂るとよい。

まとめ 太りやすいタイプを知ることで痩せる

お風呂にゆっくり入ったり、毒だしマッサージやリンパマッサージで血行をよくし、老廃物を流しながら適度な運動をするなど筋力をつけるとよい。

自分の太りやすい体質のタイプを知ることからダイエットはスタートする。そして効果的なダイエット方法を見つけていく。

関連ダイエットに必ず成功する秘訣とは

タイトルとURLをコピーしました