運動・筋トレ

加圧トレーニングのダイエット効果とメリット・デメリット【注意点】

加圧トレーニングで痩せる!「4コマ漫画」

日本にとどまらず海外でも大人気歌手のきゃりーぱみゅぱみゅさんが加圧トレーニングを頑張っているといいます。加圧トレーニングとはいったいどのようなものなのでしょうか?

加圧トレーニングは、適切に血流を制限した状態で行うトレーニング方法を指します。

もやパンダ
ぱみゅぱみゅもやってる運動パラ。にんじゃりばんばんトレーニングパラ。どんなことをするパラ?

加圧トレーニングのメリット

加圧は血の流れを適切に制限した状態でおこなうトレーニング方法ですが、加圧トレーニングを行うと、負荷が軽くても筋繊維の動員率が高まります。

さらに、血流を制限することで酸素不足になるため、血液中の乳酸濃度が急激に上昇します。加圧時に高まった乳酸が筋肉内にある受容体を刺激することで成長ホルモンの分泌を促進。

この増加した成長ホルモンは、体脂肪を燃焼させる効果の遊離脂肪酸として血中に放出します。

要するに、通常で運動する場合は深いところにある筋肉が目覚めるまでに時間がかかり、当然筋肉がつくまでにも時間がかかってしまうのです。

そこで、はじめからすぐに筋肉を活発化させる細工をしていれば、運動を始めることですぐに効率よく筋力アップを狙うことが可能になります

血流の動脈側を程よく制限。静脈側を強めに制限すると、腕や脚に血液が多く滞留し、普段は使わない毛細血管にまで血液が流れるようになります。

専用の加圧器具を使用して、腕の付け根や脚の付け根部分に適切な圧を掛けながら、その人に合った目的のトレーニングを行っていくことになりますが、加圧トレーニングは、少ない時間で極端な食事制限に縛られることなくメリハリボディが手に入ることから、多くの女性から支持されている方法です。

人間の身体を循環している血液は、心臓から送り出されて大動脈に入り全身に送られ、そして全身を巡った血液は静脈に乗って心臓へと戻ります。加圧と除圧の繰り返しにより毛細血管の数が増えることで血行が向上。

冷え性の改善にも効果がある他、極限まで制限をかけた運動による筋肉の収縮に伴い、そのエネルギーとして使われる糖質の分解で乳酸が生成。

乳酸の発生量が増加して血液内の乳酸濃度が高まっていくと、脳内のホルモン分泌が向上し、成長ホルモンやアドレナリンなどが活性化しやすくなります。

成長ホルモンは、身体組成の様々な働きに効果的な影響を及ぼしているため、「若返り、美肌、身長が伸びる、育毛、老化防止、肥満改善」といったアンチエイジング効果にも期待ができます。

スポンサード リンク

加圧トレーニングのデメリット

血流を制限するため、危険はないのでしょうか?やはり身体に負荷をかけるため、気をつける注意点があります。

デメリット

加圧トレーニングを行う際のデメリットがあります。加圧トレーニングは血流をコントロールして行うため、必ず資格や知識を持つ指導者の元で行うこと。

動物は生命を維持させるために自然と血流量が決まっており、進化してきました。それに逆らうわけですから自己流で行うと危険です。

適正な加圧よりも高い圧力を加えてしまったり、長時間のトレーニングを行ってしまうと、静脈血栓ができたり、しびれや皮下出血といった症状などを引き起こすと恐れがあります。

「PR」美脚ケアしながら、おしゃれも楽しめる!むくみや 美脚対策に効果的!
リピーター続出中の着圧・弾性・加圧ストッキング!キュットスリム!

まとめ 専門トレーナーと安全に行う加圧ダイエット

1回30~60分程度、週1~2回という短い時間でダイエットや美肌など、身体によい影響を与えてくれる「加圧トレーニング」を、指導員のもとで試してみましょう。

また、「着圧」として、安全性の確認されたアイテムを使うのも1つの方法です。

もやパンダ
血の流れをせいげんするパラ。先生がいないと危ないパラ。自己流でやらないようにするパラ。

【関連】痩せて見えるのはマイナス何キロから?ダイエットの目安

スポンサード リンク

-運動・筋トレ

© 2020 ナレッジ!雑学