マスクで痩せるダイエット方法の効果とは?

スポンサーリンク

寒い季節によく見る光景。

それはマスクを付けて歩く人達。

スッピンだから?

いえ、PM2.5の対策?

いえいえ、花粉?

新型コロナ対策?

ひょっとしたら風邪をひいているのかもしれません。

でも、それだけが理由とも限らないのです。

あの人がマスクを付けている秘密とはいったい?

みんなが風邪をひいているわけじゃないと思います。

例えば化粧を隠していたり…。

ダイエットをしていたり


マスクをつけてダイエットができるんだって~♪ちょっと苦しそうに見えるけどね☆彡

スポンサーリンク

マスクダイエットの効果とは

マスクをつけるダイエット効果を見ていきましょう。

運動量がアップする効果

マスクを付けて運動をしたことがありますか?

実はマスクを付けて運動をすると、意外なほどにエネルギーを消費します。運動といってもジョギングやランニング、ウォーキングなど様々ありますが、日常生活の中でも十分効果があります。

例えば階段を歩く時でも、マスクをするのとしないのではその肺活量の違いが出て来ます。

スポーツ選手などはマスクを使用してトレーニングを行う事がありますが、これは自ら過酷な環境を作り出す事で身体能力を上げることが出来るためです。長距離選手や水泳選手など、少ない酸素で活動能力を高めて肺活量を必要とする選手は特に着用することがあります。

本格的にマスクトレーニングをはじめる場合は、「マスクトレーニング専用のマスク」を購入してもいいかもしれませんね。(ガスマスクみたいで目立ちますが…)

お菓子抑制効果

目の前にお菓子があると、ついつい手が出てしまい…、あら不思議♪気づいたら口の中にあるんですよね…。

そこでマスクを使用します。マスクを着用することで口の前に仕切りが出来るため、ついついつまみがちだったお菓子にブレーキをかけやすくなります。心理的にもダイエット効果を高めることが可能です。

まとめ マスクで消費カロリーをアップさせる

マスクをすることで保湿効果も生まれますので、特に乾燥が続く寒い季節には使用するといいでしょう。

マスクを付けると酸素が少なくなり通常より呼吸がしづらくなります。マスクをして呼吸が苦しくなったり、マスクの紐により耳が痛くなった場合は無理をしないようにすることも大切です。



「洗える快適マスク」大手量販店でも大好評!20万個突破!
通気性&装着性に優れた素材である「アイスシルク(変性ポリビスコース繊維)」によって、蒸れにくく、一年中快適な着け心地です。洗濯できて、繰り返し使えます!耳にかける部分の幅が広く、柔らかくて伸縮性があるので、長時間つけても耳が痛くなりにくい形状です。



キンバリアプラス 除菌力99.9%
マスクの上からワンプッシュ!抗菌・消臭ができていつでも快適なマスクリフレッシュスプレーです!抗菌力99.9%、銀のパワーでどんなマスクも綺麗にしてくれます。

タイトルとURLをコピーしました