ダイエット

ダイエットに不利な脂肪肝を改善する食事とは?

2019年7月19日

脂肪肝改善したい!「4コマ漫画」

肝臓は、老廃物の排出や身体にとって有害なアルコール成分の分解、消化に欠かせない胆汁の生成をつかさどる大事な器官です。

この一文だけでも分かる通り肝臓はダイエットの成功の鍵を握るとも言える大切な臓器になります。

「脂肪肝」という言葉を聞いたことがありますか?

肝臓と脂肪肝を知ることでダイエットの成功に近づくことができます。


脂肪肝ってな~に?なんだかおいしそうじゃない♪

脂肪肝と肝臓の痩せる関係

脂肪肝とはどのようなものをいうのでしょうか?

脂肪肝は、肝臓に脂肪が溜まることを言います。この脂肪肝は非常に厄介なもので、溜まっていくことにより多くの病気を引き起こす原因になるとされています。

例えば、糖尿病・肝硬変・肝炎・動脈硬化・癌などです。これらの病気を防ぐためにも、脂肪肝をなるべくつけないようにする必要があります。

ダイエットを始める理由は、「痩せることに成功したいから」。ただ、これには健康に痩せることが大前提になります。

いくら痩せてもダイエットが原因で病気になってしまってはその魅力も半減以下。ダイエットで脂肪肝がつくことで不利になる理由は次にあげられます。

肝臓に脂肪が付く原因・理由

肝臓に脂肪がつく理由は、アルコールや糖質の過剰な摂取が原因の一つとされています。

特に冬は多くの行事が重なる時期でもあります。食べる飲むの機会が多くなるので暴飲暴食をしてしまう可能性も高まります。できるだけ脂物やアルコールは少なめにするように気をつけましょう。

また、別の原因もあります。冬に身体を動かしますか?寒いと布団から出たくない人も多いのではないでしょうか?

朝の始まりから運動のやる気が低下して、冬は活動量が低下するのです。そのためエネルギーが余る傾向にあります。

夏などは運動量が多いのでエネルギーを多く使用しますが、冬は特にその活動量から余ったエネルギーが肝臓に蓄積されやすくなります。

脂肪肝を付けないようにエネルギーを消費

肝臓に付着する脂肪肝により、肝臓そのものの機能が低下すると病気になりやすくなります。厚生労働省によると、1月~2月の寒い時期に最も肝臓疾患による死亡者が多いことが判明しています。

脂肪肝を付けないようにする減らす方法

脂肪肝を回避することでダイエットの成功に近づきます。では、肝臓に脂肪がつきにくくするには何をしたらいいのでしょうか?その方法は次にあげられます。

  • 適度な運動を行う
  • 脂肪の原因になる糖質、アルコールは控えめに
  • 卵や大豆、魚といった良質なタンパク質を摂取する
  • ミネラルやビタミン・食物繊維を摂る
  • サプリを摂取する

アルコールは体内からできるだけ早く抜けるように工夫することも大切です。良質なタンパク質の食事を摂ることで、脂肪肝を改善することが可能です。

まとめ ダイエットの成功は脂肪肝を溜めないこと

週に2~3日程度は肝臓定休日を作ってあげましょう。飲み過ぎには注意が必要です。



リピーター率90%以上!代謝を活発に!
肝臓の働きがご心配な方、肝臓の数値が高い方、肥満をご心配の方、お酒を良くお飲みになられる方へ。この製品は完成から既に40余年もの期間が経っており、効能効果のもしっかりしている第3類の医薬品に指定されています。


女性こそ危ない! 女性の「脂肪肝」がみるみる改善する方法(楽天)
本書では、健康診断で気になるALTやASTの数値を下げ、肝機能や代謝をグンと上げる簡単なコツを肝臓専門医が解説します。

【関連】「内臓脂肪」・「皮下脂肪」・「体脂肪率」の違いと特徴

-ダイエット