ダイエット

自転車ダイエット方法の効果と痩せるこぎ方

走りだすと風が気持よくてどこまでも走ってしまいそうな自転車。

少し運動すると「じんわり」と汗をかき、運動をするにはちょうどいい季節。

近所に買い物に行くときや、通勤・散歩などで自転車を頻繁に使用してみましょう。そうすることで、痩せながら通勤代と自動車・バイクの燃料代が浮くので、その分を貯蓄や買い物などに使えて一石二鳥です。


わたし自転車大好き☆彡そういえばこの前の話なんだけど、自転車にのってると思ったらそれ一輪車でさぁ~、もうほんっと面白くて笑いがとまらなかったよ~♪乗る前に確認しなきゃだね☆彡

自転車ダイエットで効果的な乗り方

深い呼吸で酸素を体内に取り込むようにすることで有酸素運動になり、脂肪が燃焼されます。

その痩せる効果を高めるために最適な乗り方があります。ダイエットに効果的な自転車の乗り方を見てみましょう。

ペダルはつま先で漕ぐこと!

普段、何気なく乗る自転車は、ペダルに足の裏をペタッとつけますよね?

でも、ダイエットは別。

足をペダルにペタッっと付けるよりも、足のつま先で漕ぐようにします。このようにすることで、ふくらはぎの筋肉が使われて引き締め効果や老廃物の排出、さらに血流活性化により冷え性の改善などの効果があります。

サドルを少し高めにする!

サドルを少し高めにします。

サドルの位置が高くなることで脚が伸びるので、ふくらはぎが強制的に多く使用されます。ふくらはぎの筋肉が動くことで代謝を促進させる効果に期待ができます。

ただし、安全に止まることができ、転倒をしないように足が付く高さにしてください。自転車ダイエットは安全に行うことが前提です。

ギアで負荷を調整しながら最適化!

自転車ダイエットは有酸素運動が基本なのでギア付きの自転車は「ギアを軽く」しましょう。

重いギアだと息が荒くなる無酸素運動となるため、思った以上の筋肉が付く可能性があります。特に太もも!足の引き締め効果は有酸素運動よりも出やすくなりますが、競輪選手のように足がガッチリ太くなることも考えられます。

ただし、人間の構造上、女性はよっぽどの過酷な運動をしない限りアスリート並の筋肉は付きません。しかし、登坂が多い場所では少し気をつけて、様子をみながらおこないましょう。

まとめ ふくらはぎを刺激する

いつも電車やバス・車を使用して移動していたものを、 サイクリングという形でのんびり移動するのも良いものです。急ぎ過ぎている日常を、少しだけスローペースにしてみてはいかがでしょうか?



【SPIBELT スパイベルト】
SPIBELTは伸縮性のあるストレッチ素材を採用したウエストポーチです。体にぴったりフィットするから動きを妨げません。
ランニングや、ウォーキング、ゴルフ等好きなスポーツをしながら、一味自分らしさを。スポーツ以外にも、トラベル、タウンユース、アウトドア、フェスなど多目的なニーズに対応します。

-ダイエット