PR

ヨーグルトダイエットの効果とやり方

ダイエット

ダイエットでは腸内環境を整えることも重要なポイントになります。

腸内には不必要な老廃物が溜まりやすく、食べカスが腸の中にとどまっていることもあります。

毎日快便ですか?

便秘はダイエットの天敵です。腸の蠕動運動がうまく働かないことで内臓脂肪が増えやすくなります。脂肪に囲まれた内臓は、身動きが取りづらくなるため省エネ状態へ。身体全体の代謝が落ちることで、内臓たちは思うように活動ができず、痩せることができなくなります。

腸内環境を整えることは大事なことです。

では、どうしたらよいのでしょうか?

そこで「乳酸菌」の力を借ります。

もやパンダ(笑顔)
お腹に優しくすると痩せるみたいパラ。ダイエットはお腹の中が大切みたいパラ。

楓(好奇心)
お腹に優しく?わたしお腹に話しかけようかな!?「いつもありがとう〜☆」って♪優しい言葉でどんどん痩せていきそうじゃない☆

ヨーグルトの乳酸菌を腸まで届かせるダイエット生活

食べ物を口にすると最初に辿り着くのは「胃」。固形物を溶かすために胃は「胃酸」という力を持っています。

口の中に入った食材を胃の中で胃酸を使い溶かしていきますが、固形のまま腸へ侵入させてしまうと、身体のどこかで大渋滞が発生してしまう恐れがあります。それはやがて腸閉塞を発症してしまい、苦しむことに…。

そうならないように胃酸で食べ物を溶かしています。

また溶かすことで、食材の中に含まれる栄養素を効率よく身体に吸収できるメリットもあります。小腸は食べ物の栄養を吸収し、大腸が水を吸収してくれる場所です。

人の身体は実によくできていますね。

腸内環境をきれいにすることはダイエットの面では非常に大きなメリットがあります。身体の中にいらないものがあると、それらが身体の循環を妨げる原因へ。

つまり代謝が低下をしてしまうということ。

血流もうまく流れないため、手足の末端部分が冷えることも多くあります。冷え性はダイエットの天敵です。熱を発生させられないため脂肪が燃焼しづらくなります。

腸の働きを改善させることで、身体全体の機能が再び活発に戻せます。その結果、内臓も活発に動くようになるため内臓脂肪も落ち、痩せる体質に変身することができます。

しかし、腸を整えるといってもどうしてよいのかわからない人も少なくありません。そこで、「乳酸菌」を摂取するとよいでしょう。

ヨーグルトでお馴染みの「乳酸菌」です。

乳酸菌、腸内細菌を胃の先へ通過させて痩せる!

乳酸菌が腸の中に入ることで、腸内の環境はよい方向へ変わることができます。

でも、胃は胃酸だらけでは?

乳酸菌が胃に到着。上から液体が落ちてきます。胃酸です。強烈な酸です。この液体に触れたものは身体が溶け出し、次のステージの「腸」に送りこまれることになります。

味方になってくれる乳酸菌も次々と液体に溶かされ…

乳酸菌は「菌」です。

食材ではなく生きています。強烈な胃酸により乳酸菌が死んでしまうと意味がありません。乳酸菌入りのヨーグルトを食べても「ただのヨーグルト」を食べているのと同じです。

つまり、「いかにして乳酸菌がその胃酸を通過しながら、栄養を腸までとどかせるのか?」が最大の問題点になります。

ダイエットは腸内環境をきれいにすることで痩せる体質にすることができます。しかし、それには乳酸菌を腸の中へしっかりと送り込む必要があるということ。

乳酸菌が不足をしてしまうと、腸内環境のバランスが崩れてしまうことで「便秘・肌荒れ・免疫力の低下」などさまざまな症状・病気へとつながるリスクが高まります。

では、どうする?

乳酸菌が腸に与える影響とは

ヨーグルトを食べると安心!

っというイメージが強いのですが、実はヨーグルトを食べても乳酸菌が腸まで届くのは極わずかの種類になります。ヨーグルトなどに含まれる乳酸菌は、腸に届く前に「胃液・胆汁酸」などでほとんどが死滅してしまうためです。

生きたまま腸まで乳酸菌を送らないと意味がありません。

では、生きたまま腸内に届いた乳酸菌はどのような働きをするのでしょうか?

腸内で悪玉菌を減らします。

腸内には「善玉菌」と呼ばれる正義のヒーローと、「悪玉菌」と呼ばれる悪者がいます。人の身体の中ではこの両者が常に闘っているのです。腸内が悪化をすると悪玉菌の力が強まっていることになります。

乳酸菌は善玉菌の餌になります。

乳酸菌が直接腸内をきれいにしてくれるわけではありません。善玉菌の餌になり、善玉菌が腸内を整えてくれる仕組みです。

ありがとう乳酸菌、頑張って善玉菌

腸内に届いた乳酸菌は、次々と善玉菌に食べられてしまいます。厳しい胃酸をくぐり抜けた乳酸菌ですが、腸にはいるとお役目は終わり。

乳酸菌を食べた善玉菌は元気100倍です。善玉菌を増やすことで腸内環境が整います。その結果、体内の中にある余分なものや、有害なものをスムーズに体外へ排泄できるようになります。

身体の機能が改善するため、熱も効率よく作ることができるように。これは脂肪燃焼効果以外にも免疫力を高める効果があるため、病気に強い身体を作ることに繋がります。

また、身体のサイクルがアップします。

栄養や血液が効率よく身体中を回るようになるため、ターンオーバーが活性化。美肌効果にも期待ができます。

腸内の改善はさまざまなメリットをもたらすことがわかります。

乳酸菌を腸まで効果的に届かせて改善する方法・食べ方

そこで重要なのが、いかにして胃酸の影響を少なくしながら乳酸菌を腸へ送るかということ。乳酸菌の数をできるだけ減らさずに腸まで贈ることが重要になるため、胃酸の働きが弱回る時間に着目するとよいでしょう。

まずはヨーグルトのパッケージをみます。

腸内まで送ることができる乳酸菌を選ぶことが大切です。

では、ヨーグルトを食べる時間はいつがよいのでしょうか?

その時間帯は「食後」。

ヨーグルトを食べるタイミングは「食後」がベストになります。食後は胃酸が若干薄まっている状態になるためです。その時に乳酸菌を摂取することで、腸まで届きやすくすることが可能になります。

または「空腹時」。

空腹時もよいでしょう。空腹時も胃酸があまり出ていないため、乳酸菌を腸まで送りやすい状態だといえます。

サプリメント」。

サプリメントは確実です。サプリメントはカプセルが胃を通過できるように調整がされているものです。効率的に乳酸菌を送ることができます。

  • 食後
  • 空腹時
  • サプリメント

続けやすく、やりやすいタイミングを自分なりに決めて選びながらダイエットに活かすとよいでしょう。

まとめ 腸を掃除することで痩せる

ヨーグルトのパッケージなどには腸まで到達することを謳い文句にしているものがあります。探してみるとよいです。腸内環境を整えることは、身体の機能を全体的に底上げすることにつながります。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌が胃酸で死んでしまわないように工夫をしながら、摂取をすることが大切になります。