ダイエット

なぜ働く人は太りやすい?その理由とは

現代社会は時間に追われる人がたくさんいます。働く人は太りやすい環境にあるといいます。いったいどういうことなのでしょうか?

働く人ほど太る!?

日々時間に追われている人は、運動不足や不規則な生活で睡眠不足になり、ストレスからホルモンバランスも崩れ、暴飲暴食してしまい太ってしまうことに。

働く人ほど太りやすいということが判明しました。

時間に追われるぐらい毎日働く人は、不規則な生活により体重が増えてしまいます。これを過労肥と呼びます。

夜遅くまで仕事をしてその後に食事を取り、朝早く起きてまた仕事へ。このリズムでは身体の休む時間がなく疲れが取れません。

体質虚弱の状態にあり、極端に睡眠が少なくなると肥満の抑制や体重増加を抑制する役割になる「レプチン」という物質が分泌されにくくなるため太りやすくなるのです。

過労肥を回避して太りにくくする改善策

過労肥を回避するためには、睡眠をしっかりと取り規則正しい食生活を維持することが大切です

夜遅く食事することをなるべく避けて、適度な運動も取り入れることが必要です。っとは言っても、時間を作るのもなかなか難しいもの。

現在スマートフォンを中心に様々なダイエットアプリが登場しているので、忙しい毎日にちょこっとした時間の中で、ゲーム感覚のように楽しみながら痩せてみるのもいいかもしれません。

まとめ 忙しい合間に軽い気持ちで痩せる努力をする

忙しい日常生活を過ごしている人は身体が休む暇がなく、痩せるホルモンの分泌を無意識に抑制している可能性があります。痩せる体質にするためにも、何事も無理をしないことが大切です。

【関連】ダイエットに成功した人の共通点

スポンサード リンク
何か聞こえる…、怖~い怖~い恐怖の動物園…

【関連】【動物園アニメーション】

-ダイエット

© 2020 ナレッジ!雑学