豆腐アイスダイエット方法の作り方レシピ

豆腐アイスで美味しく痩せたい!「2コマ漫画」
スポンサーリンク

夏の暑い日に食べるアイスは格別です。

暑くなった身体を甘く冷たいアイスで美味しく冷ましていく。

買い物をしていると、どうしてもアイスに目がいってしまい結局、買ってしまうことも多いのではないでしょうか?

でも、糖分が多いためダイエット中の人にとってはなかなか気が引けることも…。

そこで、豆腐を使ったアイスに着目してみてはいかがでしょうか?

ダイエットや美容の定番でもある豆腐ですが、女性らしい体型を作りながら痩せることができます。その大きな理由にイソフラボンが含まれていることがあげられます。


女の子に嬉しい栄養の豆腐と美味しいアイスでダイエットができるなんて最高じゃない♪

スポンサーリンク

豆腐をアイスにしてダイエット

ダイエットをはじめるのなら、その目標は「綺麗に痩せる」ことが重要です。豆腐の原料は大豆ですが、この大豆にはイソフラボンと呼ばれる成分が含まれています。

大豆イソフラボンとは、女性ホルモン「エストロゲン」に似た化学構造とその働きをすることがわかっています。

女性ホルモンは年齢を重ねるごとに減少をしていきますが、大豆イソフラボンを摂取することで、女性ホルモンの効果を補うことができるのです。

この作用により、女性らしい丸みの帯びた柔らかい感じの体型を維持したまま痩せることが可能です。また、イソフラボン以外にも大豆には豊富な栄養素が含まれていますが、主な栄養素が次にあげられます。

大豆に含まれる栄養素

  • ビタミンB1
  • ビタミンB6
  • カルシウム
  • ナイアシン
  • 亜鉛
  • マグネシウム
  • 葉酸
  • マンガン

など。

このように大豆には多くの栄養が豊富に含まれているので、不足しがちな栄養素を摂りながらダイエットをおこなうことができます。

豆腐は低カロリーな点も魅力的!

基本的にカロリーが高い食材は脂肪をつけやすい傾向が強くあるため、カロリーの低い豆腐はダイエットに向いている食材になります。

そして、豆腐に含まれる栄養素である「ビタミンB郡」は、代謝と深い関係のある栄養素になります。代謝を上げるにはビタミンB郡を摂ることで、効率よくダイエットをおこなうことが可能です。

代謝が上がると、例え寝ていたとしても脂肪を効果的に燃焼してくれます。ダイエットには欠かせない要素が「代謝」です。

豆腐アイスダイエット方法の効果と作り方

豆腐には痩せる効果があります。

市販されている多くのアイスは砂糖などを多く使っているため太りやすいので、豆腐を使ったアイスを自作してみてはいかがでしょうか?

暑い夏でも罪悪感を感じることがなく、身体に優しくダイエット向きのアイスを食べることができます。ダイエット効果と豆腐アイスの作り方レシピは次にあげられます。

豆腐アイスのダイエット効果

  • 食欲抑制
  • 中性脂肪削減
  • 基礎代謝の向上
  • カロリー摂取の低減
  • 女性ホルモンの正常化
  • 肌の乾燥を予防し美肌効果

豆腐アイスの作り方レシピ

豆腐アイスは、牛乳、卵を一切使わないアイスです。牛乳アレルギーの人や卵アレルギーの人でも安心して食べることができます。

  1. 豆腐をスプーンなどで潰します
  2. 生クリームを50mlほど加えます
  3. 冷蔵庫に2時間ほど寝かしましょう。(味を付ける場合は、その分カロリーも高くなるので注意が必要です)
  4. 豆腐が固まったらお皿に移して完成です。味付けにきな粉や抹茶などを振りかけても良いでしょう

まとめ 豆腐アイスで夏を乗り切る

豆腐アイスダイエット方法は、豆腐の栄養を最大限生かしながら痩せることができます。暑い夏を乗り切るためのダイエットアイスです。


森永乳業 常温 森永絹ごしとうふ(楽天)
無菌充てん包装だから、保存料不使用でおいしさ長持ち。口どけなめらか、そのままで美味しい絹ごしとうふ。


森永乳業 常温 お料理向きとうふ(楽天)
常温保存可能で、開けた時が作りたての味のお豆腐。絹ごしとうふなのにしっかり食感、崩れにくいのでお料理におすすめです!

【関連】豆乳ダイエット方法で食事前に飲む効果と注意点

タイトルとURLをコピーしました