食べ物・飲み物

ダイエット中でもアイスを食べられる太りにくい食べ方と選び方

2019年7月19日

アイスを食べても太らない!「4コマ漫画」

アイスクリームといえば、暑い日に冷たいアイスをついつい食べたくなってしまいます。糖分が多そうなアイスですが、太りにくい食べ方とかあるのでしょうか?

アイスを食べても太らない食べ方をしたら、その罪悪感が少しは和らぎます。どのように食べるといいのでしょうか?

ダイエットには乳脂肪が多いアイスを選ぶ・食べ方

アイスクリームと言っても、その種類は数え切れないほどあります。種類により乳脂肪の量が多かったり、少なかったり。

氷量の多いアイスを選ぶのもありですが、氷に味を付けるため砂糖が一般的なアイスよりも多く入っている可能性があります。

氷アイスの落とし穴…。そこで、あえて乳脂肪が多いアイスを選ぶのも1つの方法です。牛乳をたくさん使用しているアイスは、カルシウムがその分含まれていることになりますが、身体の骨作りはダイエット中でとても大切なこと。

健康な身体を作りながら美しく痩せることが理想のダイエットになりますが、美味しいアイスを食べながら身体作りにも貢献することが可能です。

冷たいアイスには温かい飲み物を飲むと痩せる

冷凍庫でキンキンに冷やすアイスクリーム。冷たい物を身体に入れると身体の内部から冷やすことになります。内蔵が冷えるため消化器官の機能が低下。

脂肪を燃やすには熱が必要になります。冷えると代謝が落ちてしまい燃焼効率が著しく低下をしてしまうのです。

身体を冷やしたままの状態にしないために、アイスを食べるときは温かいお茶などを飲むなどして身体を温めるように心がけましょう

美味しいアイスのコーンに注意!太りやすい

ソフトクリームの定番であるコーン。コーンは美味しいですよね。でも、コーンにすると炭水化物がカロリーにプラスされます。コーンは意外と太りやすいので、ダイエット中はできるだけカップにしたほうがいいでしょう。

アイスダイエットに適した時間帯とは

一日の中で、ダイエット中にアイスを食べても問題のない時間が、昼から夕方にかけて。

朝は体温が低いため冷たいアイスを食べるとさらに体温が低くなり、夜はカロリーを消費する動き自体が少なくなるため、カロリーがそのまま蓄えられてしまう可能性が高くなります。

体温が高くて寝るまでに時間のある昼〜夕方午後15時〜18時の間がベストでしょう。3時のおやつにピッタリな時間。ダイエット中にアイスクリームを食べるとカロリーや糖分で脂肪が増えてしまいます。この時間帯により、なるべく脂肪が付きにくい状態にすることが可能になります。

例)種類とカロリー(kcal=100g当たり)

  • アイスクリーム
    → 乳固形15%以上、乳脂肪8.0〜12%、180kcal〜212kcal
  • ソフトクリーム
    → 乳脂肪5.6%、146kcal
  • アイスミルク
    → 乳固形10%、乳脂肪3%
  • 氷菓
    → 乳固形分3.0%未満のもの
  • ラクトアイス
    → 乳固形3%以上

「PR」グラスフェッドの『なかほら牧場』

まとめ アイスの種類を見極める

暑い日に食べたくなるアイス♪甘くて冷たくて美味しいアイス♪ダイエット中はアイスを上手に食べて脂肪が増えるのを防ぎましょう!

【関連】アイスクリームに賞味期限がない理由

スポンサード リンク
何か聞こえる…、怖~い怖~い恐怖の動物園…

【関連】【動物園アニメーション】

-食べ物・飲み物

© 2020 ナレッジ!雑学