運動・筋トレ

半身浴で代謝をアップさせる効果的な入浴方法

半身浴で代謝をアップ♪2コマ漫画

半身浴は、お風呂で上半身をお湯から出す入浴法です。身体が温まり血行が良くなるため、汗をかくことで発汗作用の正常化が促進されて新陳代謝も高まります。

そして老廃物も洗い流すことができるため、健康面でも効果的とされています。

全身浴と半身浴の違い

半身浴は正しいやり方でおこなうと効果が大きくなります。全身で入浴する方法と、上半身で入浴する方法、その違いを見てみましょう。

半身浴

半身浴は、主に下半身から温めていきます。長時間の入浴が可能となるため身体の芯から温まり、血行や新陳代謝が良くなるため冷え性予防にも効果あり。

そして半身浴は全身の循環機能を向上させる作用があります。

全身浴

全身浴は、首より下がお湯に浸かる状態です。水には水圧と言う水の圧力があるため、肺や心臓の負担が大きくなります。

また、全身の体温が一気に上がるため、短時間の入浴が比較的多くなりやすい傾向があります。

半身浴の入り方

胸のあたりまでお湯に浸り、お湯の温度は38度~41度を見安にします。時間は20分以上をかけてゆっくり入りましょう

お風呂に入っている時間に、音楽を聞いたり、テレビを見たり、読書をしたり。最近では防水加工を施した機器などがたくさん出ているので、最大のリラックスバスタイムになるようにリラックスできるものを選びましょう。

半身浴で注意すること

  • 冬は外気温が低いためお湯がすぐに冷めてしまいます。追い焚ぎをするか、湯船から身体だけを出してお風呂に蓋をするなどし、身体が冷えないようにします。
  • 食後すぐの半身浴は避けます。食後は食べた物を最も消化している時間になるため消化不良を起こしてしまいます。食後30分は入浴を控えるようにしましょう。
  • 夏は外気温が高いためお風呂の温度が長時間維持します。これは逆に身体から汗が大量に出続けることを意味するため、脱水症状になる危険があります。のぼせないように注意しながら水分をこまめに摂るようにしましょう。

水分を摂ったら意味がないんじゃないの?

半身浴は脂肪を排出する運動です。血行を良くして体内に蓄積された毒素や脂肪を汗などと共に体外へ排出します。

通常でも運動する時も水分をこまめに補給すると思いますが、半身浴も同様に水分補給が大切になります。

まとめ 水分をしっかりと摂る

ふくらはぎを心臓に向かう感じに下から上の方へマッサージすることで血行が活発化されます。

【関連】ふくらはぎ健康法の効果的なやり方

スポンサード リンク

-運動・筋トレ

Copyright© ナレッジ!雑学 , 2019 All Rights Reserved.