食べ物・飲み物

さつまいもダイエット方法の痩せる効果と食べる量はどのくら?

美味しいサツマイモで痩せるよ!「4コマ漫画」

さつま芋は昔から愛されている食材ですが、痩せるダイエット効果があるといいます。サツマイモとダイエットにはどのような関係があるのでしょうか?

さつまいもダイエットとは

揚げても焼いてもおいしいさつまいも。ダイエットにも効果あります。

さつまいもと聞くと炭水化物を思い浮かべるかもしれませんが、さつまいもは消化吸収がゆっくりしているため太りにくい炭水化物になります

そして、6割以上が水分で構成されているためカロリーが低く、150gで約190kcalしかありません。

スポンサード リンク

さつまいものダイエット効果

さつまいもがもたらすダイエット効果は次にあげられます。

カリウム

カリウムが豊富でナトリウムの排出を促進する作用がありデトックス効果に期待できます。

食物繊維

食物繊維とヤラピンが豊富なため、便秘解消に繋がります。ヤラピンとは、さつまいもの皮に多く含まれ、腸の蠕動(ぜんどう)運動を活発化する作用があるため便を下へ下へ押し出す効果と柔らかくする効果があります。

ビタミンC

ビタミンCがりんごの10倍と豊富に含まれているため、美肌効果に期待出来ます。通常、ビタミンCは熱に弱いため調理すると壊れてしまう可能性がありますが、さつまいものビタミンCはでんぷんに守られているため壊れにくくなっています。

腹持ちが良い

何と言ってもダイエット中は腹持ちが良い食材だといろいろと助かります。食物繊維が豊富に含まれているため満腹感が持続しやすくなります。

サツマイモダイエットの食べる量

さつまいもは低カロリーです。栄養価が高くて腹持ちもよい食材です。そうなると、どのくらい食べるといいのでしょうか?食べ過ぎると太るリスクが高くなるので、適量にとどめる必要があります。

1日1回150gの蒸したさつまいもを主食として摂ります

おかずは基本的に何を食べても問題ありませんが、野菜の多いサラダ類がいいと思います。1日1回、主食の白米などから低カロリーのさつまいもへ置き換えましょう。

また、皮をむいて食べるのが一般的ですが、さつまいもは皮に豊富な栄養が含まれているため、出来るだけ皮も一緒に食べるように心がけましょう。料理や蒸したりする前は皮を綺麗に洗うようにします。

まとめ 満腹を感じやすい

普段のご飯をサツマイモに置き換えてカロリーを減らしましょう。1日に1回、主食の代わりにさつまいもを食べるダイエット方法。カロリーを低くして腸内環境をよくすることがこのダイエットの基本的な考え方になります。他の食べ物を多くすると意味がないので注意が必要です。

【関連】大根おろしダイエット方法の効果と食べ方レシピ

スポンサード リンク

-食べ物・飲み物

© 2020 ナレッジ!雑学