PR

ホットバナナダイエットの効果と作り方

ダイエット

ホットバナナを食べたことがありますか?

通常のバナナも美味しいのですが、温めることでさらに別の世界に突入することができます。過去にバナナダイエットというものが流行しましたが、最近ではこのバナナを温めることでダイエットの効果を高めることができると話題です。

バナナをホットにすることでどのような痩せる効果があるのでしょうか?

もやパンダ(笑顔)
バナナは美味しいパラ!バナナで痩せたらうれしいパラ!

楓(好奇心)
おいしく痩せられるなんて最高じゃない♪バナナ100本もってきて〜☆

バナナダイエット方法とは

ダイエットは食事制限や運動をおこなうものも多いため、日常的に続けることができずにいつの間にか辞めてしまうパターンが多いです。ダイエットは継続しなければ思うような効果を得ることは難しく、自分に合う続けやすいダイエット方法を見つける必要があります。

楽をして痩せるダイエット方法の1つに「バナナダイエット方法」があげられます。

バナナダイエットは社会現象になるほどのブームを引き起こした過去があり、スーパーではバナナが売れ切れ、果物屋ではバナナが売り切れ、日本中の店舗でバナナが消滅してしまいました。

美味しいホットバナナダイエット方法のやり方

そんなバナナダイエットを進化させたダイエット方法が話題です。

新しく生み出されたやり方はバナナを温めること。

では、バナナを温めると何が変わるのでしょうか?

バナナには「水溶性」・「不溶性食物繊維」が含まれています。このほかにも「ビタミン・ミネラル・アミノ酸・ポリフェノール・クラフトオリゴ糖」など豊富な栄養素があります。

バナナは高エネルギーであり、高栄養価を誇るため栄養バランスを崩す心配がほとんどありません。このバナナを加熱しますが、バナナを温めることで「甘み・抗酸化作用が激増」します。

バナナは通常の状態でも甘いです。

熱を浴びるとさらに甘くなります。

ダイエットでは甘いものを避ける傾向があるのですが、ホットバナナを食べることで甘いものを食べられないストレスを緩和することが可能です。

また抗酸化作用もあるため肌質も改善し、綺麗に保つことができます。さらに身体を内部から温める効果・腸の働きを活発化にする作用も!

便秘改善に効果的なバナナ

それだけではなく、バナナには2つの食物繊維が含まれているのですが、「水溶性食物繊維」は腸内環境を改善する作用があります。これは善玉菌のエサになるため、腸の中で悪さをする悪玉菌を倒してくれる効果に期待ができます。

そして「不溶性食物繊維」は、腸の中で膨らむ性質があるのですが、腸内に入ると腸壁を刺激。この働きにより蠕動運動を促します。腸がよく動くということは、宿便などを下へ下へ押していく力が強くなることを意味します。つまり便秘の改善・解消に期待ができるということ。

「ビタミンB2・ナイアシン・ビタミンB6」も含まれてる。この成分は美肌に効果的である。

気になるのはホットバナナを摂取したことで、どれほどのダイエット効果につなげることができたのかということ。朝食をホットバナナに置き換えるだけで「1ヶ月マイナス6kg〜12kg」のダイエットに成功した例もあるほどの効果があります。

加熱で甘くなるバナナの効能

バナナを加熱すると甘みが増します。その理由はオリゴ糖が増えるため。

腸内のビフィズス菌はオリゴ糖をエサにしています。オリゴ糖が増えるとビフィズス菌が元気になりその数も増えます。その結果、腸内環境が整うのです。

バナナは暖かい地域で栽培されている果物です。本来南国で育つもの。暖かい場所で育つ果物や野菜は身体を冷やす特性があります。

これはダイエットに不利に働く効果へ…。

冷えは熱を作る妨げになることからダイエットの天敵です。脂肪の燃焼効率を落としてしまうためです。

そこで加熱!

バナナを温めることで腸や身体を温める効果に生まれ変わらせることができます。腸が冷えてしまうと内臓全体の動きも悪くなりますが、寒い場所にいくと身体が縮こまり動けなくなる経験をしたことがないでしょうか?身体の中でも似たようなことが起きているのです。

腸を冷やさないようにホットバナナにすることで、善玉菌の働きを活性化させることができるためダイエット効果も向上。また、腸内には人の免疫機能が約6割も集中しているといわれています。腸や内臓が元気になることで免疫力を高めることができます。

病気に強い身体を作ることができる!

便秘が改善・解消されることで身体全体の循環が効率化。老廃物を体外へ排出されやすくなるため、美肌につなげることもできます。便秘が解消されれば代謝も改善するため、健康的に太りにくい体質にすることが可能になります。

ホットバナナの簡単で効果的な作り方レシピ

肝心なホットバナナは、どのようにして作るのでしょうか?

っといっても作り方レシピは実に簡単なのものです。ホットバナナダイエット方法は「バナナをトースター・電子レンジ・フライパンなどで温めて食べるだけ」。

非常に簡単でお手軽です。

  1. 電子レンジで500W~700W・30~40秒温める

あるいは

  1. フライパンで1分程度焼く

たったこれだけで普通のバナナを、さらにダイエット向きにした「スーパーバナナ」に変身させることができます。あとは朝食の代わりに食べるだけ。

まとめ バナナを加熱するだけで痩せる

バナナを加熱するだけで痩せる効果を高めることができます。

しかしバナナはカロリーが高い…。

「100gのカロリー・86kcal 」ほど。2本のバナナを食べるとご飯一膳分に近づいてしまうため、食べ過ぎには注意が必要です。ダイエットでいうと、一度に3本のバナナは完全にアウトでカロリーオーバー。

またバナナを温めたり焼いたりすることで食感が変わります。「トロッ」とした食べ心地になるため、好みが分かれるかもしれません。何度も食べることで慣れてくるとは思うのですが、どうしても慣れない場合には目を閉じてこう唱えてみましょう。

これはとろけたチョコレート…

これはドロドロに溶けたチョコ…

目を閉じたままバナナを口に入れてみると、どうでしょう?口にいれた味はチョコレートに変わるかも?変わらなかった人もいるかもしれません。大丈夫。いつかは味に慣れます。(ひとごと)