PR

コーラの太らない飲み方とは?

ダイエット

コーラをいつもどのタイミングで飲んでいまか?

コーラは炭酸が強く、口にいれた瞬間に喉でプチ爆発が起きるほどの刺激があります。この刺激が癖になる人が続出しています。その一方で砂糖が大量に使われているイメージがあるため、ダイエット中の人にとっては注意をしなければいけない存在でもあります。

しかし、コカ・コーラを飲みたい気分になることもあるはず。

コーラを飲んでも太らない飲み方はあるのでしょうか?

もやパンダ(驚く)
ぬぉー!喉がー!パラ!喉がーパラ!

楓(好奇心)
わたしコーラ大好き☆だって甘くて甘くて甘いんだもん♪

コーラに含まれる砂糖の量、カロリーはどのくらい?

コーラのカロリーはどのくらい含まれているのでしょうか?

  • コカ・コーラ(100ml)  …45kcal(コップ1杯200mlにすると「約90kcal」が目安になる)
  • 100%オレンジジュース(200g)  …84kcal
  • チョコレート1/2枚(30g)  …180kcal
  • みかん1個(100g)  …45kcal

コカ・コーラのカロリーは高いといえば高いです。でも、コーラがずば抜けて高いわけではなく、他の飲料・食べ物も同程度に高いものがあります。

砂糖の量はどうでしょう?

コカ・コーラ500mlにはいったい何個分の角砂糖が含まれているのかというと、砂糖の量は56.5g。つまり、角砂糖14個分に相当します。カロリーだけを考えると「太る」に直結はしないのですが、やはり砂糖のことを考えるとコーラの飲みすぎは「太る原因になる」ことは間違いなさそうです。

コーラを飲みたい気分は急に襲っていきす。三ツ矢サイダー・ファンタグレープなどの炭酸飲料はあるのですが、どうしてもコーラを飲みたい日もあります。

飲めば太る。飲まなければストレスがたまる

ダイエットをしている人はこのような感情で苦しんでいたことはないでしょうか?

実はコーラを飲んでも太らないタイミングがあります。このタイミングに飲むことで、脂肪がつくリスクを最小限に抑えることが可能になります。

コーラで骨が溶ける?

コーラを飲むと骨が溶ける!

このように聞いたことはないでしょうか?

安心してください。コーラを飲んで骨が溶けるは迷信です。コーラを飲んだだけで体内のpHが下がり酸性になることはありません。コーラは口に入り胃の中へ、そして腸にいき膀胱にとどまり排出されます。つまり骨はコーラに直接触れるわけではないのです。

でもちょっと待って…。口に入れたコーラ。口の中には「歯」という骨が存在するのでは?歯が溶ける危険はないの?

残念ながら、コーラで歯は溶けます。

しかしこれは、何時間もコーラを口の中にとどめておいた場合だけ。通常は口に入ったコーラをすぐに喉の奥へ流し込むため、歯が溶ける心配はしなくてよいです。どうしても気になる場合にはコーラを飲んだあとに水道水でうがいをしましょう。口の中を素早く「中性」に戻すことができます。

運動直後のコーラは太らない!糖質の関係で脂肪がつきにくい飲み方ができる

運動直後のコーラは太らない。それどころか疲労回復に効果的。

運動などのハードな動きをしたあとに炭酸ジュースが飲みたくなる人も多くいます。その理由は身体が疲労を早く回復させようと、糖質を欲しがっているのが要因の1つです。

そもそも人間は狩りをして食べ物をえていた動物です。狩りをするには長距離の移動が必要になります。罠を仕掛けるにも重労働。体力が時間と共に減っていきます。獲物が姿を現したときに体力がなければ仕留めることができません。また野生動物に襲われたときにすぐに逃げなければいけないのですが、体力がなければ逃げることすらできなくなります。

どちらの事象も命にかかわること。

それを回避するには、体力を可能な限り早く回復させる必要があります。

そこで必要になるのが糖分です。

糖質は短時間でエネルギーに変換することができる栄養素。疲れたときに甘いものが欲しくなるのは、疲れた身体を脳が早く回復させようとしているためです。人間の身体はよくできたものですね。

アメリカの研究

アメリカ テキサス大学が研究をおこないました。運動直後に糖質を補給すると筋肉の中の糖質のストック(グリコーゲン)が速やかに戻ることを確認。そして疲労が回復することが判明。

疲労中に摂った糖質は筋肉に行き渡ることになるため、脂肪にはならずに太りにくいという考えです。ようするに、コーラの糖分は運動をした直後の疲れを回復させるために使われます。よって脂肪につながることはありません。

実はスポーツ選手も運動直後にコーラを飲む人がいるようです。これは疲労を早く回復させるためなのでしょう。

逆に運動後に時間をあけて糖質を補給してしまうと筋肉に糖質が戻りづらいということ。筋肉に行き渡らなかった糖質が脂肪合成に回ることで太る原因になることを意味しています。つまりコーラは飲むタイミングが重要です。

また、運動直後に飲んだとしてもコーラの量が多すぎる場合には、エネルギーに変換する以上の糖質が余ってしまうため脂肪になりやすいので、過剰な飲み過ぎには注意が必要です。あくまでもダイエット中のコーラ飲みを意識しておく必要があります。

まとめ コーラの糖分(糖質)は疲労回復に使われる

コーラを飲みたい・・・でもダイエットしてるし・・・

コーラを飲みたいけど飲めないと嘆いていたダイエッター。

量とタイミングさえ間違わなければ飲めないストレスから解放することができます。

ストレスはダイエットの天敵です。リバウンドにつながる恐れがあるため、ダイエットでは上手にストレスを緩和しながらおこなう必要があります。