ハチミツダイエット方法の効果的なやり方

ハチミツを寝る前に食べると痩せる!「4コマ漫画」
スポンサーリンク

甘くて美味しいハチミツ♪

ホットケーキには欠かせない「ハチミツ」ですが、このハチミツを寝る前に摂ることで痩せるダイエット効果があるといいます。

「寝る前はちみつダイエット方法」と呼ばれるものですが、あま~いダイエットのやり方とはどのようなものなのでしょうか?見ていきましょう。


わたしハチミツだ~い好き☆彡だって甘くて美味しいじゃない♪くまのプーさんと一緒に取りにいくのがわたしの夢☆彡

スポンサーリンク

寝る前はちみつダイエット方法とは

寝る前はちみつダイエットは、寝る1時間前に大さじ一杯のハチミツを食べるだけのダイエット方法になります。

ダイエット中は甘い食べ物を遠慮しがちになりますが、おいしくて甘いハチミツを食べることで、食事制限によるストレスから解消されます。

ダイエットで気になるのはカロリー。ハチミツのカロリーは、砂糖の約4分の3、甘みは砂糖の約1.5倍。砂糖よりもハチミツのほうがダイエットに向いていることがわかります。

寝る前にハチミツを食べる理由

なぜ寝る前にハチミツを摂ると痩せるのでしょうか?

鍵は成長ホルモン!人は22時〜深夜2時の間に最も成長ホルモンが分泌されると言われています。(最新の研究では時間に関係なく、寝る最初の3時間の間に成長ホルモンが分泌されるといわれています。)

成長ホルモンは、タンパク質・脂肪・炭水化物を使い身体を作りますが、成長ホルモンの分泌が弱いと、炭水化物や脂肪が使われないため太りやすくなります。

つまり成長ホルモンを多く分泌すると痩せやすくなりますが、成長ホルモンをコントロールしているのが脳。脳のエネルギーが糖質。

糖質が不足すると脳の反応が鈍くなるため成長ホルモンの分泌も少なくなり太りやすくなるという仕組みです。

ハチミツを寝る1時間前に食べることで、脳から成長ホルモンが分泌されやすくなり、結果的に痩せやすくなります。

大さじ一杯が原則で、食べすぎるとその分太りやすくなるので注意が必要です

寝てる間にホルモンを呼び覚まして痩せるダイエット

より確実にするためには、食事バランスをよくすることが大切です。カロリーオーバーに気をつけながらバランスよく栄養を摂りましょう。

そして、夕食は睡眠3~4時間前に済ませるようにすることで、寝るまでに胃に入っている物を少なくできるため眠りがよくなります。

夜は脂質や糖質を控えめにしておきましょう。そしてハチミツは自然なものを選び、加糖は使わないようにします。

まとめ 砂糖よりもハチミツ

ちなみにハチミツには、鉄・ナトリウム・カリウム・ジアスターゼ・アミノ酸・ビタミンB1・B2・ パントテン酸など、さまざまな栄養素を含んでいるので健康にもいい効果をもたらします。



武州養蜂園
はちみつ・プロポリス・ローヤルゼリー等の専門店【武州養蜂園】。ローヤルゼリーは、ハチミツのように花から集められたものではなく、羽化して1週間後の若い働き蜂が出す乳白色のクリーム状の物質です。私たち人間にとっての必須栄養素が、ローヤルゼリーにはバランス良く配合されています。

タイトルとURLをコピーしました