ココナッツシュガーのダイエット効能と危険性

スポンサーリンク

ココナッツシュガーは、ココナッツから採取される天然の甘味料のことですが、ダイエットに効果的だと言います。しかしその一方で「危険」という話も。

いったいどういうことなのでしょうか?

ココナッツの木に咲く黄色い花のつぼみから取れる蜜を集めて煮詰めることでココナッツシュガーを作ることができますが、ダイエットに効果があると話題です。

[st-kaiwa4]ココナッツシュガーで痩せるパラ?危険もあるパラ?どういうことパラ?[/st-kaiwa4]

ココナッツシュガーでダイエット法

ココナッツシュガーはココナッツから採取される天然の甘味料で味や香りは黒糖を柔らかくしたコクのある甘みが特徴になりますが、血糖値を上昇させるスピードを数値化したGI値と呼ばれるものがあります。

ココナッツシュガーはこのGI値が低いです。

GI値が低いと食後の血糖値が上がりにくく太りにくいためダイエットに最適な食材になります。例えば、白砂糖のGI値が「109」、ハチミツは「88」ですが、ココナッツシュガーは「35」程度。

ココナッツシュガーのダイエット効果

ココナッツシュガーのダイエット効果が次にあげられます。

イヌリン

水溶性食物繊維のイヌリンにより、辛い便秘を解消、改善して撃退します。

ミネラル

カルシウム、カリウム、鉄、マグネシウム、亜鉛、ホウ酸、硫黄、塩素、ナトリウム、リン、窒素など、豊富なミネラル類により、肝臓に余計な脂肪がたまらないようにコントロールします。

アミノ酸

ココナッツシュガーには人間に必要な20種類のアミノ酸のうち16種類が含まれ、「グルタミン酸」という旨味成分が特に豊富に含まれます。

グルタミン酸は、リラックス成分であるGABA(ギャバ)を生成し、ストレスをケアする効果や、脳の活性化に身体の毒素を排出する作用などがあり期待できます。

ビタミンB群

ビタミンB群は脳や神経、皮膚等の健康を保つビタミンですが、白砂糖には含まれていないビタミンB群が豊富に含まれています。

ココナッツシュガーのダイエット方法のやり方

ダイエットに取り入れるには、砂糖をココナッツシュガーに置き換えるだけです

コーヒーや紅茶、ヨーグルト、料理、お菓子作りにも使用可能。ココナッツシュガーは体内の糖質と脂肪を効率よく燃焼し、満腹感を感じやすくなります。

ココナッツシュガーダイエットの注意点(危険)

主張しすぎない味になるため、さまざまな料理に利用できるのがココナッツシュガーの魅力です。

ただ、過剰摂取することで血圧が上昇し、悪玉コレステロールがたまる恐れがあります。

GI値が低い食品ですが、カロリーは砂糖と変わりません。過剰に摂取して肝臓に負担をかける危険があり、肝臓機能の低下からあらゆる病気を引き起こすことが考えられるため注意が必要です。

まとめ 過剰な摂取には気をつける

肝臓の病気は自覚症状が感じにくいです。気づくのが遅れることでも知られています。過剰な摂取には気を付けてダイエットをおこないましょう。

【関連】菜の花がダイエットに効果的な理由

タイトルとURLをコピーしました