PR

レジスタントスターチが多い食品とは?

ダイエット

レジスタントプロテインと呼ばれるものがあります。

ダイエットをはじめると、なにかと制限をされることが多いですが、代表的なものといえば、例えば食事制限。普段は問題なく食べていたものを、ある日を境に急に食べることができなくなります。

辛い…

でも、その辛いダイエット生活を乗り越えた先に、輝けるモデル体型の「美自分」と対面することができます。辛いダイエット生活を終えていざ体重計に乗ります。

痩せてない!!

あんなに苦労をしたのになぜか痩せていません。ダイエットの種類を間違えた?ダイエット方法が自分の体質に全く合っていなかった?

星の数ほどあるダイエット方法の中から、自分の体質に合うダイエット方法を探すことが痩せる早道になります。食事制限をしてもやせないという場合には、逆転の発想をしてみてはどうでしょうか?

食べて痩せることができるダイエット方法

なんだか怪しい匂いがプンプンと立ち上がりますが、実は「レジスタントプロテイン」と呼ばれるものが痩せる鍵を握っています。

もやパンダ(考える)
レジスタントプロテインっていうのが、食べて痩せるみたいパラ

楓(悲しい)
レジスタ…、レジスタプ…レジスタンス…、あぁ、ダメ、舌を噛んじゃう☆早口言葉かな!?

レジスタントプロテインとは

レジスタントプロテインという言葉を聞いたことがありますか?

プロテインと聞くと、痩せている人がゴリマッチョを目指す。そんなイメージのある食品です。

レジスタント?

レジスタントプロテインとは、消化されにくい性質を持つタンパク質のことを指しています。食物繊維の一種。「コレステロール」・「脂質」などの油分を吸着する作用があり、それを体外へ排出する働きがあります。

素晴らしい作用ですね。

ダイエットで痩せるには良い作用がレジスタントプロテインには含まれています。しかし、単に喜んでいると大失敗をしてしまうのがこのダイエット方法。

レジスタントプロテインのみで排出の作用をするわけではありません。

身体から排出するには、「炭水化物」・「食物繊維」の力が必要です。消化器官ではコレステロールを吸収しながら進んでいきます。その結果、体脂肪の蓄積を抑える働きをします。

レジスタントプロテイン
老廃物を外に出したいけど力がでない・・・

食物繊維
プロテイン、僕が手助けするよ!

レジスタントプロテイン
おぉー!心の友よ!

炭水化物
わたしのことを忘れてない?

レジスタントプロテイン
おぉー!炭水化物まで!

プロテイン・炭水化物・食物繊維
力を合わせて老廃物を体外に追い出すぞ!

こんな感じです。とても仲が良く、そのままピクニックに行きそうな勢い。

レジスタントプロテインの脂肪を排出するダイエット効果と含む食品

では、レジスタントプロテインが含まれる食材はなにがあるのでしょうか?

次にあげることができます。

  • 酒粕
    コレステロール低下作用、肥満抑制作用などの効果が確認されています。
  • そば
    血中の総コレステロール値を減少させることが確認されています。
  • 絹タンパク
    蚕の繭糸に含まれるタンパク質「セリシン」はレジスタントプロテインです。セリシンの摂取により、大腸腫瘍ができるのを抑制することができると報告されています。
  • 大豆・豆腐・納豆
    大豆食品の中でも、凍り豆腐のタンパク質は元の大豆タンパク質よりもレジスタントプロテインの割合が多いことが判明しています。凍り豆腐にタンパク質が多く含まれることで、コレステロール調節作用を持つことが報告済み。

まとめ 消化されにくい食べ物「タンパク質プロテイン」

レジスタントプロテインにより「コレステロール」・「脂質」をからめとりながら腸内をきれいにしていきます。レジスタントプロテインは消化されにくいため、脂肪にかわることはありません。

身体の中にある不必要なものだけを体外に排出させる力があります。それには、「食物繊維」や「炭水化物」の力が必要です。レジスタントプロテインが含まれている食べ物を選ぶことで脂肪を排出することができます。

もちろん食べ過ぎては意味がないのですが、食事制限によるダイエット方法の失敗は、栄養不足により腸の蠕動運動が低下をしていることも考えられます。老廃物が身体から抜けないことで代謝も悪くなるのです。これは大腸癌にもつながる恐れがあるため、レジスタントプロテインで腸をきれいにするとよいでしょう。