逆立ちダイエット方法の効果と危険なやり方とは?

スポンサーリンク

ダイエットで痩せるために運動はとても重要なものです。

しかし、時間に追われるこの時代。忙しい合間に運動を行うのが難しい人も多くいます。

忙しいけど痩せたい。

忙しくてもダイエットで痩せるために必要な運動があるとしたら?いったいどのようにしたら良いのでしょうか?

答えの一つにあげられるのが「逆立ち」です。


逆立ちで痩せるって本当?わたし逆立ち得意だよ~☆彡本当に頭を下にするだけで痩せるの~?

スポンサーリンク

逆立ちダイエットで驚きの効果

いきなり逆立ちをするのは怖いですよね…。

そのまま反対側に「コロンッ!」っていったらどうしよう…。

最初から逆立ちをするのは難しいので、壁を使ってしてみましょう。壁を使うと反対側に倒れることがないため、安定した逆立ちをすることができます。

ダイエットに逆立ちは有効です。

運動をしないで生活をしていると、筋肉が次第に衰えてしまい、内蔵を支えられなくなります。重力に負けるためお腹がぽっこりと出てしまうのです。

しかし、身体を逆さまにすることで、内蔵が正常な位置に戻るため痩せる身体にすることができます。そして、この作用でお腹に刺激を与え、小腸と大腸の働きを活発化し、便秘解消にもつなげることができます。

人は二足歩行で歩くため、下半身に老廃物がたくさん溜まっていますが、逆立ちをすることで血液や老廃物を上半身に流しやすくなります。毎日続けることで基礎代謝量のアップにつなげることが可能です。

冷え性の改善にも効果的!

逆立ちは簡単そうで意外と難しいです。身体のバランスを維持するために、腕や肩、背中などの体幹が鍛えられます。

逆立ちダイエットのメリット

  • 内蔵の位置を戻し、痩せ体質へ。
  • ぽっこりお腹の解消
  • 基礎代謝量アップ
  • 冷え性予防
  • むくみ対策
  • 体幹が鍛えられる

逆立ちダイエットのやり方

壁を使う以外にも逆立ちの仕方はあります。見てみましょう。

背中を使う逆立ち

  1. 仰向けになり足と背中を上に上げます。肩まわりの部分で上半身を支えるようにしてください
  2. ひじを床につけ、腰に手を当てましょう。身体が床と垂直になるように伸ばして、1分キープ

三点倒立

  1. つま先立ちで正座し、両手を頭の後ろで組み、おでこを床につけます。
  2. ひざをのばして、腰をできるだけ高く上げ、つま先を頭の方に寄せながら腰をさらに上げていきます。
  3. ひざをのばし、身体を一直線にしてキープ!

逆立ちダイエットの注意点(危険)

逆立ちを数分続けると頭に血がのぼり、口から血を吐く!ことはありませんが、頭がぼーとしてきます。めまいや体調不良を引き起こす恐れがあるので注意が必要です。

逆立ちダイエットは、痩せるためにするもの。体重がそれなりにある人もチャレンジすることになると思います。

全体重を腕や背中、頭で支えられるため、始める前によく考えておこないましょう。

バランスを崩した時の転倒の仕方ではものすごく危険なことになる恐れがあります。最初にすることは、安全なスペースを確保すること。1回1分以内、1日2~3回おこないます。

逆立ちダイエットのルール

  • 1日1分まで
  • 1日2~3回(朝夜で計2回)
  • 安全の確保
  • 食前に行う

まとめ 食前におこなう逆立ち

食後は胃に負担をかけてしまうので食前に行いましょう。逆立ちはヨガでも用いられるほど全身のバランスを整える効果的なものです。


逆立ちヨガ(楽天市場)

タイトルとURLをコピーしました