ダイエット

「良く噛むと小顔になる」が嘘の理由とは?

2019年7月19日

よく噛むと小顔になるの?「4コマ漫画」

ダイエットを始めると食事に関して心理的にブレーキをかける人も多くいます。その時に気をつけることが、「食事は噛めば噛むほどいい」ということ。

実はウソ!

噛んだ回数によるダイエット効果の違いの差が出ます。


たくさん噛んだら顔が小さくなるんじゃないの?そんなぁ~…。せっかく永遠の2頭身から卒業できると思ったのに!

ダイエットで「噛むほどいい」は嘘の理由

よく噛んで食べることは脳からヒスタミンが分泌されるので、満腹中枢が刺激されて食欲が抑えられる効果があります。

そしてこれは医学的にもダイエット効果があると言われています。ノルアドレナリンが体内に多く分泌して脂肪の燃焼が促進されるためです。

インターネットや書籍などで「噛む回数は30回」を目安にされており、多くの人達も30回噛むという認識が広まっていますが、実際のところはどうなのでしょうか?実験をおこないました。

本当に30回噛むと痩せるのか検証した実験があります。噛む回数を「10回・30回・50回」に設定。10人の女性をそれぞれの回数に3人ずつ分けました。

実験の結果、30回から50回噛んで食べた人たちは、便通がよくなりました。噛むことで唾液が多く出ますが、胃の中に消化酵素が入っているため、胃や腸の負担が少なく便通がよくなったと考えられます。

そして、噛む回数が増えると満腹中枢が刺激されて食欲が抑えられました。

1週間、噛むダイエットの実験結果

  • 1口10回噛むグループ
    ・体重平均:-0.2kg
    ・体脂肪平均:+0.6%
    ・結果:検証前とほぼ変化なし
  • 1口30回噛むグループ
    ・体重平均:-0.9kg
    ・体脂肪平均:-1.0%
    ・結果:噛む回数が増えたことで痩せることに成功
  • 1口50回噛むグループ
    ・体重平均:-1.5kg
    ・体脂肪平均:-1.4%
    ・結果:噛む回数を更に増やすと体重が大幅に減ることが判明

小顔効果に落とし穴

50回噛むとダイエット効果が1番すごいことがわかります。30回から50回に増やしたほうがよいダイエット効果がでます。っということは…、100回に増やしたらもっと痩せる…。

ダイエットに関しては30回よりも50回噛むほうが痩せます。でも、小顔効果に関して言えば、30回噛む人は平均で1.5cm小さくなっているのです。

50回が噛む回数の適正な回数とは言い切れません。っというのも、実は50回噛む人は小顔効果が得ることができず、むしろ顔が張ってしまう可能性があるためです。

噛みすぎたことで、アゴの筋肉が鍛えられ過ぎてしまい張ることで、逆に顔が大きく見えてしまう結果につながります。これはダイエットにとっては真逆の作用になってしまいます。

まとめ 噛む回数は30回がバランス良い

50回はアゴの筋肉を鍛えすぎてしまうため、30回がバランス的に丁度いいダイエットの噛む回数になります。



ビューテリジェンス NEWAリフト
安心と信頼の医療機器メーカー 株式会社ジェイメックが誇る最高峰の【たるみ専用】美顔器NEWAリフト(ニューアリフト)・NEWAリフト+(ニューアリフトプラス)。そのたるみの悩みを解決!



【実感度96%】シャープなフェイスラインへ DMAE配合「リフト美容液」
再生医療研究所グループの日本ライフ製薬が開発!シャープなフェイスラインを叶える「DMAE」を高濃度に配合したリフト美容液です。 その他、美肌成分「αリポ酸やカルノシン、ビタミンA・C・E」により、肌老化を防ぎながら、ホルモンバランスの整えにも効果的なダマスクローズの香りの美容液。

何か聞こえる…、怖~い怖~い恐怖の動物園…

【関連】【動物園アニメーション】

-ダイエット

© 2020 ナレッジ!雑学