富士山の頂上は住所がない!持ち主は誰なの?

スポンサーリンク

登山でハナタカになれる!富士山の頂上問題があります。実は静岡でも山梨でもないのです。意外な持ち主とは!?

日本の宝でもある富士山は年間30万人以上の登山客が訪れる観光スポットで、最近では外国人が急増しています。ところで富士山は厳密にいうと、みんなのものではありません。

[st-kaiwa2]富士山を見ると癒やされるパラ~♪日本で一番大きな富士山パラ。富士山はみんなのものパラ~♪[/st-kaiwa2]

富士山頂上に持ち主がいた

富士山の一部には所有者がいます。では、誰のものなのでしょうか?国?静岡県?山梨?

実は、富士山の一部、八合九勺「3360m」から上は私有地になっています。持ち主はあの徳川家康で、1606年に家康から大社に寄進されたと伝えられています。

現在では徳川家康の土地を受け継ぎ、頂上に鎮座している「浅間神社」が管理者でもあり持ち主になります。

浅間神社とは

浅間神社は、全国に1300以上あります。富士宮市宮町に位置する富士山本宮浅間大社は総本宮。

浅間神社と富士山の結びつきは古くからあり、そもそもの持ち主は徳川家康で、1606年に家康から大社に寄進されたと伝えられています

明治維新後の1871年に国有地化されました。太平洋戦争後には全国で国有地された土地が寺社へと返還されるも富士山頂だけは一部を除いて返還されませんでした。

なんとか国から土地を取り戻そうと、1974年の最高裁判所の判決により、あらためて浅間神社のものと認められました。しかし、国は返還しませんでした。

それからさらに30年ほどの時が流れ、2004年に財務省東海財務局がようやく無償譲与しました。こうして134年ぶりに富士山山頂は元の持ち主に戻った歴史があります。

富士山の住所

今も山梨県と静岡県の所有権争いを避けるために、富士山に明確な県境線が引かれていません。

山梨でも静岡でもない状態が続いているため、山頂が私有地と言っても、土地の登記が出来ない状態です。したがって住所も「富士山無番地」になります。

富士山頂宛

  • 〒418-0011
  • 富士山頂郵便局(定期開設局)

「PR」登山道具のレンタルなら【やまどうぐレンタル屋】
(富士山に登ろう!登山・トレッキング道具)

まとめ 徳川家康は富士山を手にしている

徳川家康の庭に登山できると思えばすごいこと♪郵便物はヘリで移動はしないので、届くまでの日数に注意しましょう。

[st-kaiwa1]富士山に手紙を出す時は郵便局に出せばいいパラ。[/st-kaiwa1]

【関連】富士山の高さは地震で変化した!

タイトルとURLをコピーしました