「山の手線」と「山手線」正しい読み方はどっちが正解?

スポンサーリンク

「山手線」を「やまのて線」と言う人と「やまて線」と言う人がいます。この違いの差とは?

東京の都心を走る環状線を指している山手線と山の手線は、呼び方が違うだけで中身は一緒になります。

[st-kaiwa4]山の手線と山手線ってどっちが正しいパラ?人によって呼び方が違うパラ。[/st-kaiwa4]

山手線と山の手線の違いとは

山手線と山の手線の違いで、まずは山手線の正式名を見ていきましょう。

山手線の正式名

山手線と山の手線は、同じ路線を指していますが、厳密には呼び名は一種類しかありません。どちらかの名前が正式名になります。

どちらが正しい呼び方になるのでしょうか?正しい呼び方は、山の手線になります。漢字で書く時には山手線と表記をしますが、読み方はやまのてせんです。

やまてせんと呼ばれる歴史

なぜ「やまてせん」と呼ばれることになったのでしょうか?

山手線が開業したのは大正から昭和時代。開業の申請書には山ノ手線と表記されていました。そのため、戦前まではやまのてせんという呼び名でした。

山ノ手線ならやまてせんと呼ぶ人はいません。

しかし、戦後になると外国人にも分かりやすい表記するように連合国軍最高司令官総司令部 (SCAP) から指示をされた日本は、全ての駅名にローマ字を併記することになります。

当時の国鉄社員は山手線のことをやまてと呼んでいましたが、国鉄職員がうっかりYAMATEと表記してしまったのです。

そこから山手線はやまてせんとして正式に定められて一般に定着していきました。

「やまてせん」から「やまのてせん」へ

現在では「やまのてせん」が正式名です。

実は、1971年に群馬県にあった長野原線が吾妻線に改名したことがあります。吾妻線はあがつませんと読みますが、あづませんと間違えて読まれないようにするため、振り仮名を振ることにしました。

この影響で全国の路線の名称にも振り仮名を振るように決められます。

山手線の名称に振り仮名をつけようとしたところ、根岸線の駅名に山手駅「やまてえき」が存在していて間違えやすいと判断。

そして、元々は「やまのてせん」が正しい名称だったので、元通りのやまのてせんの振り仮名が振られて正式名称になります。

まとめ 山手線は歴史に振り回されていた

[st-kaiwa1]やまのてせんの方が歴史が長いパラ。山手駅と紛らわしいからやまてせんじゃなくなったパラ。漢字で書くと「山手線」、読みがなは「やまのてせん」パラ。[/st-kaiwa1]

【関連】列車のレール(線路)に隙間がある重要な理由

タイトルとURLをコピーしました