掃除機のコード「黄色テープ」と「赤テープ」の重要な意味

面白い雑学
スポンサーリンク

掃除機のコードについている黄色いテープは“もうすぐ終わり”の意味だと思っている人も多いはず。

掃除機のコードを引っ張ると黄色のテープが出てきます。さらに引っ張ると赤い色のテープが出てきますが、本当の意味を知っていますか?

掃除機のコードには、黄色と赤のテープがありますが、それぞれに大切な意味があります。

[st-kaiwa2]掃除機かけるの楽しいパラ~♪汚れがどんどん吸い込まれていくパラ~♪ぬぉ?黄色と赤色のテープがあるパラ。これはなにパラ?[/st-kaiwa2]

掃除機で黄色・赤色のテープの意味

掃除機にのコードには黄色と赤色のテープが巻かれています。意味は「使用する際は黄色い印まで引っ張り出した状態で使って下さい」という意味になります。

JIS(日本工業規格)で定められている法律でこの印は国家規格。「コードリール式のものは、コードの終端部に容易に取れない方法で黄色及び赤色の印を設け、かつ、コードをすべて引き出したとき赤印は器体の外に完全に出ていなければならない」と記載されています。

そもそもなぜ、テープがつけられたのでしょうか?

日本電機工業会が原案を作りました。巻き取り式の場合、どこからどこまでをコードの長さとするかをはっきりさせるために赤い印をつけたとしています。

そして、黄色の印は「使用する際は黄色い印まで引っ張り出した状態で使って下さい」という意味あいで各メーカーは使っています。

その理由として、掃除機の中でグルグルと巻いてあるコードはモーターの発熱、伝導による発熱、そして掃除機の中に熱がこもり、コードに負荷がとてもかかっている状態です。

コードを収納したままとコードを黄色の印まで出した状態とではおよそ25℃もの温度差があるとも言われています。

コードを収納した状態で使用すると、突然発火する恐れがあります。そこで、「黄色の印まではコードを開放してから掃除機を使いましょう」としています。

また、掃除を始めて徐々に遠くまで掃除をしようとするとコードが引っ張られて断線する恐れもあります。赤い印はそれ以上引き延ばしたら断線して故障の原因になってしまう警告的な意味合いも込められているのです。

まとめ 掃除機コードは黄色のところまで伸ばしてから使う

家電製品は熱を持ちやすいです。突然発火する危険もあるので安全に使いましょう。

[st-kaiwa1]機械は熱に弱いパラ。長持ちさせるためにもコードは黄色の印まで延ばしてから使うようにするパラ!コードをまとめておいたら火がついた話もよく聞くパラ。[/st-kaiwa1]

【関連】布団のダニを退治する簡単な方法

タイトルとURLをコピーしました