富士山の高さは地震で変化した!

面白い雑学
スポンサーリンク

富士山は、日本で一番高い山で知られ、富士山で一番高い場所は、剣ヶ峰ということころで、高さは約3,776mになります。

富士山はなぜ3,776mの高さを手に入れることが出来たのでしょうか?

[st-kaiwa4]富士山はなんで3776mパラ?[/st-kaiwa4]

富士山の高さが3776mになった理由

富士山は、昔はもっと高いでした。なぜ現在の高さになったのでしょうか?その前に富士山について今更ながら簡単におさらいしてみましょう。

日本人のみならず最近では外国人も多く訪れている富士山。この富士山に安全に登ることができる期間は、7月の上旬~9月の中旬までの2か月間。この2か月間に約30万人以上が毎年富士山に登ります。

富士山のデータ

  • 富士山(「剣ヶ峰(けんがみね」)の高さ:3,775.63m
  • 山頂の気温:1月の平均マイナス18.5℃/8月の平均6.0℃
  • 最低気温:マイナス18.5℃
  • 富士山の山頂でお湯が沸騰する温度:約90℃
  • 山頂の気圧:約0.65気圧

入口~1合目 登山時間/2時間15分

  • 1合目~3合目 登山時間/50分
  • 3合目~5合目 登山時間/1時間
  • 5合目~6合目 登山時間/20分
  • 6合目~7合目 登山時間/1時間
  • 7合目~8合目 登山時間/1時間30分
  • 8合目~頂上 登山時間/1時間30分

富士山では気圧が地上とは異なるため、お湯の沸騰が100℃ではなく、約90℃になります。

富士山は、海辺から山頂まで続くひとつの大きな山ですが、海辺からその高さが始まり、4つの火山で構成されていると言われています。

10万年以上前に小御岳火山が誕生し、その後、古富士火山、新富士火山の2世代にわたる噴火活動が発生。それにより美しい円錐形をした現在の富士山が形作られました。

また、最新の調査によると、小御岳火山の地下に、更に古い「先小御岳火山」があることが明らかになっています。

富士山3776メートルの歴史

富士山の高さは3,775.63m、四捨五入して3776メートル。この数字が公式になっています。実はかつては3776メートルではありませんでした。

1885年の公式記録で富士山は3778メートルだったのです

120年以上前にある出来事で、低くなってしまった可能性があります。120年前の日本でなにが起きたのでしょうか?

それは関東大震災。

1923年9月1日、相模湾北西沖を震源として発生したマグニチュード7.9の大地震で、関東全域に史上最大級の被害を与え、10万人近い人々が亡くなりました。

この大地震で、震源地からほど近い富士山では地殻変動が疑われ、1926年再調査をしたところ、なんと現在の高さ3776メートルになっていたことが判明。

「地震による地殻変動?」、「崩落が原因?」

真意は定かではありませんが、2メートルも低くなってしまっていたのです。これ以降、現在に至るまで富士山は低くなっていません。

「PR」登山道具のレンタルなら【やまどうぐレンタル屋】
(富士山に登ろう!登山・トレッキング道具)

まとめ 関東大震災で富士山は2m低くなった

地殻変動で低くなったと言われています。ただ、そもそも120年前の話。「測り間違い」だと主張する人もいます。

技術が向上することで長さや高さが変動することは多くの事柄でこれまでにもよくあります。

[st-kaiwa4]3776メートルという今の高さもこの先「測り間違い」と言われる日が来るかも知れないパラ。現在は3776メートルが富士山の公式な高さパラ。[/st-kaiwa4]

【関連】【富士登山】初心者ルートの所要時間を確認

タイトルとURLをコピーしました