PR

もののけ姫の「こだま」の正体はトトロだった!

雑学と豆知識

神獣シシ神の首をめぐる人間ともののけの戦いがありました。

そしてアシタカと少女サン。

サンは人間の子でありながら深い森に棲む犬獣に育てられた 「もののけ姫」。

人間達と対峙する神々は、山犬神、猪神、シシ神たちで、 「シシ神」は人面と獣の身体、樹木の角を持つ空想上の動物ですが、自然を枯らすこともでき恐ろしい存在です。

森の神

人を寄せつけぬ深い森とタタラ場が大きな舞台ですが、映画「もののけ姫」の中には非常にユニークで印象的なキャラクターが登場します。

それは ” こだま ”

社会現象になるほどブームも呼びました。

コダマの正体はいったいなんなのでしょうか?


(出典:livedoor.4.blogimg.jp)

コダマは大人気なキャラクターです。

正体が気になりますが、それは意外なものでした。


もののけ姫に出てくるコダマは「変」だけどかわいいパラ。コダマは白くて小さな生き物パラ。グッズやフィギュアも販売されている人気者パラ。正体はなにパラ?

created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

もののけの森に潜む、コダマの正体

「もののけ姫」に登場する「コダマ(こだま)」は、漢字で書けば「木霊」。

一種の精霊・妖精のようなもので、豊かな森に棲んでいます。そして淡い緑色をした半透明の身体を持っています。

森の中で迷ったアシタカを導いたりするため、 特に人間に敵意を持っているわけではありません。

母なる木が存在し、アシタカも「立派な木だ」と感動するシーンがあります。

コダマは森の生命力を表現するキャラクター

森が破壊されるとコダマ達が雪のように降り注ぐシーンがありますが、これは森の衰退を表現しています。

人間の破壊により森の生命力を奪ってしまう…

でも、1匹だけは生き残っているため、森の強い生命力を感じさせる深い物語になります。

こだまはトトロの正体だった!

コダマは森の妖精です。

ジブリの作品には他にもいます。

「トトロ」も同じようなキャラクターです。コダマはトトロよりずっと原始的で、太古の森「照葉樹林」に住み着く精霊になり、屋久島みたいな湿度の高い常緑広葉樹林に棲んでいます。

「となりのトトロ」は、3匹の大きさが異なるトトロが登場しますが、一番小さいトトロは推定年齢は109歳、青いトトロは679歳、大きいトトロの推定年齢は1302歳と言われています。

まるで木の樹齢のよう…

そして、このトトロの前身となるのがコダマです。宮崎監督が雑誌で「コダマは数百年後に耳が生えてトトロに進化する」と語っています。


(出典:up.gc-img.net)

こだまの子孫がトトロだった!

まとめ こだまの正体はまさかのトトロだった

宮崎駿監督が最後に出てきたコダマが、数百年後にトトロになったっていうイメージで、もののけ姫を制作していたのです。

ジブリには秘密がいっぱいですね。

作品と作品が繋がっています。

日本の素晴らしい自然を体験することができる屋久島に行ってみてはいかがでしょうか?

関連屋久島で木霊(こだま)が写真に写る!正体とは