雑学と豆知識

電波が完全に遮断された謎の街とは

2019年1月9日

電波がない街がある!なぜ?「4コマ漫画」

電波だらけの今日、世は5Gの世界が広がろうとしていますが、もしも電波を一切遮断できるとしたら?そこには古き懐かしい時代が広がるかもしれません。

おっかさーんー!

アメリカのある地域には一切の電波を遮断し、携帯電話やラジオの使用が禁止されている町が存在します。いったいなぜ電波を遮っているのでしょうか?それとも電波が何かしらの影響で遮断されてしまうのでしょうか?

気になりますね。町なのでそこには人がいるということ。一見すると不便のように思えますが、人はそこから出ていかずに留まっています。そこに暮らす人々にはどのような目的があるのでしょうか?


電波がまったく届かない町があるらしいパラ。テレビも電話もラジオも使えないパラ。

電波遮断の町 携帯電話・テレビも見れない謎の区域

アメリカにある謎の区域。電波を完全に遮断するという場所。

その町には、電気製品を長時間使うことで電磁波を浴びた身体が過剰反応を起こし、目がかすんだり、頭痛やめまいが起こったりするという「電磁波過敏症(EHS)」を患う人たちが集まります。

電波に弱い体質の人達が集まるこの場所は、過去10年間に40人ほどの電磁波過敏症患者が移住していますが、ちなみにEHSを現在、病気と認定しているのはスペインとスウェーデンのみ。

世界的には認知度の低い病気…

その町はどこにあるのでしょうか?

場所はアメリカ・ウェストバージニア州。人口は百数十人ほどで、広さ1万3000平方マイルの「グリーンバンク」と呼ばれている所に存在します。

電波のない町

そのように知られ、町に近づくにつれて車内のラジオの音は徐々に消え、携帯電話の電波も圏外になります。

まるで過去にタイムスリップしたような感覚に包まれ、そこでは電子レンジなどの微量電磁波もありません。

電波が遮断された町の理由

なぜ電波を止めているのでしょうか?

電磁波に弱い人向けに保護区域を作るため?

現代社会は至るところに電波が飛び交っています。病気の人達のために作った保護区的なものなのでしょうか?

はたまた電磁波の有無で環境変化を監視するため?

実は答えは別にあります。

グリーンバンク望遠鏡の存在

グリーンバンクの町にあるアメリカ国立電波天文台(NRAO)の「グリーンバンク望遠鏡」が理由です。ブルーリッジ山脈を背に建設されたグリーンバンク望遠鏡が答えです。

星、星雲、超新星などを観測するための電波望遠鏡で、星の発するわずかな光をとらえるため、望遠鏡が誤作動を起こさないようにあらゆる電子機器を遮断しているのです。

無線伝送が禁止された場所にあり、シグナルを阻害して研究の邪魔をする人工物の干渉がここには一切ありません。地球の自然が広がるありのままの空間がそこには存在します。

望遠鏡(Rakuten)

まとめ グリーンバンク望遠鏡の性能を最大限に引き出すため

ここでは携帯電話やデジカメについている送信機などさえも制限され、宇宙で起こっている幅広い現象を正確にトラッキングすることが可能です。時代が止まったかのように見える町、そこには懐かしい世界が広がっています。


海外旅行・国内旅行はエイチ・アイ・エス!


【JTBの海外ツアー】空席のあるツアーを一発検索!

【関連】電波が完全に遮断された街の理由

何か聞こえる…、怖~い怖~い恐怖の動物園…

【関連】【動物園アニメーション】

-雑学と豆知識

© 2020 ナレッジ!雑学