潰れたネジ穴を回す裏ワザ

スポンサーリンク

これは便利!

しかも簡単!

ネジ穴を簡単に復活再生させる方法があります!驚きの方法とはいったいどのようなものなのでしょうか?


ぬぉー!ネジ穴が潰れたパラー!もうダメパラ-!終わりパラー!

スポンサーリンク

輪ゴムで潰れたねじ穴を回す方法!復活の道

ネジ穴が潰れることはよくあること

っとは言っても、この状態になってしまうと、おもちゃや家電の電池を換えたいのに開けられない、木材をバラしたいのにバラせない…。

あたらしいネジに変えたいけどそもそも抜くことができないなんて悲惨なことになります。なにか良い方法はないのでしょうか?

実は、簡単な方法があります。

誰でも持ってる輪ゴムを使うと簡単にネジがクルクルと回り出します。輪ゴムの幅広タイプを用意します。そしてネジ穴に入れてドライバーで回すだけです。

接着剤を使いネジを回す

強力ですぐに固まるタイプの接着剤を使います。

潰れたネジ穴とドライバーを強力な接着剤でくっつけます。そして、乾いたのを確認してから普通にネジを回して外します。

外れた後、ドライバーについているネジはハンマーやペンチなどを使用して外しましょう。

ペンチで掴んでネジを回す

潰れたネジ穴にペンチの片方を差し込み、ネジを挟んで回します。ただし、この方法はペンチが挟めるくらいのネジが上にあがっている必要があります。

アイロンで温める

きつく締められたネジはドライバーを使ってもまったく回すことができません。無理に回そうとするとネジ穴が潰れたり、手を痛めたりすることも。

しかし、そんな時にはある方法で回すことができます。

ネジがドライバーで回らない場合は、アイロンを使って温めると良いです。ネジに熱を加えることがポイント!

なぜあれほど固かったネジが、温めることで回りやすくなるのでしょうか?その理由は、鉄の性質をうまく利用した方法になるからです。

熱で膨張したネジが冷めて隙間ができます。

つまり、隙間ができることでネジに対する圧力が減り、その結果、回すことが可能になります。

まとめ 簡単な方法で潰れたネジが回る

ゴムの方法は簡単です。とても便利なので覚えておくと良いです。

関連ネジに「プラス」と「マイナス」があるのはなぜ?

タイトルとURLをコピーしました