面白い雑学

打ち上げ花火に鳴る音「ヒュー」の正体とは

花火は、ヒューっと音がなる打ち上げ花火と音がならない打ち上げ花火があります。いったいこの差はどこにあるのでしょうか?実は職人が作る違いの差があるのです。

花火は夏の風物詩。花火にはヒュ~と音が鳴るものと鳴らないものがあります。この違いはどこにあるのでしょうか?

もやパンダ
た~ま~や~パラ!花火綺麗パラ。ヒュ~って音が鳴るパラ。花火が開いてから音が聞こえるのがおもしろいパラ。

花火の音が鳴るのと鳴らない違い

音が鳴らない花火は、なぜ鳴らないのでしょうか?意図的にならさないのでしょうか?それとも、花火を打ち上げた時の風切り音が関係している?

実は、音がなる打ち上げ花火は音が鳴る部品を付けています!通称「笛」と呼ばれるこの部品を花火玉に付けることで音が鳴る仕組みです。

スポンサード リンク

花火の笛が鳴る理由

どのようにして音が鳴っているのでしょうか?

実は、この笛の中に何種類かの配合された火薬(薬品)が入っています。この火薬が燃焼する時に、「ヒュ~」という音を立てながら燃焼していくのです。

ちなみに、細い笛を作ると高い音がなり、太い笛を作ると低い音にすることができます。意図的に音質を変えることが可能です。

ヒュ~と音を付ける理由

花火の音と言えば、「ヒュ~」。そもそもなぜ「ヒュ~」という音をつけたのでしょうか?

全部の花火に音の鳴る笛は付いていません。全体の中の2~3割り程度になります。つまり、7割は笛が付いていないということになります。

その理由は、クライマックスや注目してもらいたいときに笛を付けるためです。

例えば、屋台でリンゴ飴を買うために並んでるときに、「ヒュ~」と鳴らないと、いきなり「ドン!」の花火音が聞こえます。振り返ると花火が消えているので見逃してしまいます。

また、「ヒュ~」と鳴った後に花火が開くまで1秒程度の「間」ができます。これからどんな花火が咲かせるのか観客に期待を持たせる意味合いもあるのです。

「PR」個人間で簡単に、スマホ・PCで“駐車場の貸し借り”ができる
オンラインコインパーキング【akippa(あきっぱ!)】

まとめ ヒュ~と聞こえたら空を見る

花火師が見て欲しい花火につけている「笛」。音と花火に注目しながら楽しみましょう。

もやパンダ
ヒュ~の音はグッドアイデアパラ。この音で花火を見逃さなくてすむパラ。夜空の花をしっかり見るパラ~♪

【関連】紙が付いている花火の正しい使い方

スポンサード リンク

-面白い雑学

© 2020 ナレッジ!雑学