手をこまねく こまぬくの正しい意味と使い方

スポンサーリンク

あの人はいつも手をこまねいているなぁー

日本人が知ったかぶりして使っているかもしれない言葉「手をこまねく」。

この言葉を使ったことがありますか?言葉の意味を正しく理解していますか?

「手をこまねく」はよく使う人もいますが、次のような意味があります。


「手をこまねく」はどういう意味パラ?

スポンサーリンク

手をこまねくの意味とは

「手をこまねく」は、何もできかねて傍観しているさまや、手を胸の前で組んでいることを意味しています。

手をこまねく・手をこまぬく、正しいのは?

そこで気になるのが、「手をこまねいている」と「手をこまぬいている」、どちらが正しい言い方なのでしょうか?

広辞苑を見てみましょう。

広辞苑の「こまねく」

  • こまねく「拱く」
    …コマヌクの訛か
  • こまぬく「拱く」
    …左右の手を胸の前で組み合わせる
    …腕を組む
    …転じて何もしないで見ている
    …傍観する

近年、音変化した「こまねく」が多く使われています。辞書が示すように「こまねく」は元々「こまぬく」という語でした。

ところがどっこい!

近年になり「こまねく」という形で使われることが多くなったのです。平成20年度の世論調査で、「手をこまねいて待っていた。」という例文を挙げて「手をこまねく」の意味を尋ねると次の結果がでました。

「手をこまねく」と「手をこまぬく」

例文

  • 「手をこまねいて待っていた。」
  • (ア) 何もせずに傍観している 40.1%
  • (イ) 準備して待ち構える 45.6%
  • (ア)と(イ)の両方 2.9%
  • (ア)・(イ)とは全く別の意味 2.0%
  • 分からない 9.4%

まとめ こまねく・こまぬくの意味は同じ

どっちも同じ意味です。昔の言い方が「ぬく」で、今の言い方は「ねく」でした。日本語もその時代に合わせて変化をしていきます。

関連ひよる(日和る)は方言?本当の意味とは

タイトルとURLをコピーしました