PR

お盆に海に入ってはいけない怖い理由

雑学と豆知識

お盆の期間には絶対に海にいったらダメ!

っと昔から言い伝えられています。

不思議だと思ったことはありませんか?

いったいなぜ海にいってはいけないのでしょうか?

確かにお盆の季節には水に関係した事故が多発していますが、先祖から何かのメッセージなのでしょうか?その理由とは?


ぬぉ?お盆は海にいけないってどういうことパラ?

お盆の期間に海にいくとダメな理由とは?幽霊が出る説

お盆になると海にいかないほうが良いと言い伝えられています。

なぜ、このような言い伝えがあるのでしょうか?

幽霊が出るから!!

お盆には黄泉の国から霊たちが里帰りすると考えられています。幽霊はどこを通るのかというと、海などの水場を経由して帰ってくるのです。

お盆の海はこの世とあの世をつなぐ通り道になっている!

その期間に海に入ると幽霊に捉まって海に引きづり込まれて…、あの世にいくと言われています。

今から20年ほど前に北海道の道南あたりに住んでいたお盆の時期。海水浴に来ていた人が海で溺死したことがあります。水泳が得意な人だったようです…。

なぜ海で溺れたのでしょうか?

遺体を引き上げるとその場は騒然となりました。

遺体の両足に手がしっかりと掴まれていたのです。

それも腕だけで、腕から先はなかった…

足についていた腕を調べてみると、昔に亡くなった人のものだと判明。

遺体の足に何故しっかりと掴まっていたのか、未だ謎だとされています。

お盆の期間に海にいくとダメな理由とは?クラゲ説

お盆に海に行くことが危ないと言われている理由に「クラゲ」があげられます。

お盆の間はクラゲが増えることでも良く知られていますが…、実はクラゲは1年中海に生息しています。

なぜお盆の日にだけ増えるのでしょうか?

それは、クラゲの成長期と重なるためです。

小さいクラゲがお盆やお盆明けの時期に大きく成長します。

大人のクラゲは毒針を持つことが多いため、お盆の間は海に入らないように「海は危険」として言い伝えられました。

日本近海には200~250種類ものクラゲが生息しており、気温が20度~30度になると活発に活動をはじめます。クラゲの毒により身体が麻痺して、溺死という最悪な事態になりかねません。

クラゲに刺されたら危険!

関連「お盆にクラゲが出る」本当?嘘の理由

お盆の期間に海にいくとダメな理由とは?土用波説

お盆を過ぎたあたりから海の沖からうねりが強くなります。

土用波と呼ばれる大きな波が発生!

夏の土用の時期に起こる大波で、この波は非常に危険です。

水難事故を引き起こしています。

夏の土用は7月20日頃から立秋の8月7日頃にあたりますが、これは台風の発生時期と重なります足が幽霊に引っ張られるような感覚で、海の中へ引きずり込まれていきます

まとめ お盆時期の海は危険がいっぱい

海で遊ぶのはお盆期間以外にしましょう。

幽霊にクラゲに大波…。

お盆やお盆過ぎに海に入らない理由は、海の危険から遠ざけるためのご先祖様からの助言なのです。