面白い雑学

食パンの「角型・山型」で食感が変わる!味の違いとは

日本人はパンが大好き!中でも食パンは毎朝食べている人もいるほど大人気です。

しかしよく見ると、四角い食パンと山型の食パンがあります。この違いの差は形だけじゃありません。いったいどういうことなのでしょうか?


(出典:kinarino.k-img.com)


(出典:farm3.static.flickr.com)

二つの食パンを見ていきましょう。

もやパンダ
食パン早く食べたいパラ~♪早く切るパラ~♪ぬぉ?こっちの食パンは形が四角パラ。そっちの食パンは山型パラ。なにが違うパラ?

四角い食パンと山型の食パンの違い

パンを作る時に生地作りをします。そして生地ができたら成形をして整え、箱にいれて90分間発酵。

その後に、蓋を閉める工程と、蓋を閉めない工程があります。そのまま焼き上げると蓋をした食パンは四角になって、蓋を閉めない食パンは山型になります。

スポンサード リンク

四角と山型の食パンを作る理由

焼く前のフタで形は決まりますが、なぜ2種類の食パンを作る必要があるのでしょうか?

それは食感による違いの差を生み出すためです。蓋をした四角の食パンは、水分の蒸発が少ないからモチモチした食感にすることができます。焼かずにサンドイッチなどで食べるのがベスト!

対する山型の食パンは蓋をしないため上に膨らみ、水分が多く蒸発します。そして気泡ができるため、中まで熱がしっかりと通りやすくなります。トースターなどで焼くことでカリカリとした食感を味わえる!

  • 四角の食パン
    → 水分を保存しているため、モチモチの食感に!
  • 山型の食パン
    → 水分が抜け落ち、気泡が大きいため焼きあがりが綺麗でさくさくカリカリした食感に!

「PR」給食パン製造50年老舗オーマイパンが作る【低糖質ふすま粉パン】糖質88%カット

まとめ 蓋の有無で形は決まる

モチモチが好きま場合には、四角の食パンを買えばよいです。

もやパンダ
こんがり焼けた山型の食パンにマーガリンとイチゴジャムを付けて食べると美味しいパラ。どっちも捨てがたいパラ。どっちも食べるパラ。

【関連】なぜパン屋のパンは袋に入っていないの?

スポンサード リンク

-面白い雑学

© 2020 ナレッジ!雑学