面白い雑学

アルミホイルの裏表はどっち?正しい使い方とは

2019年1月17日

食用品を包み、保護する時に多く利用するキッチン用品のアルミホイル。

「光っている面」と 「光っていない面」がありますが、一般的にはロールの巻いてある外側が表面で、引っ張ってお皿などに被せるほうが裏面と言われています。実際は?

アルミホイルは、結論から言うと、 「光っている面」と 「光っていない面」の違いの差はありません。

もやパンダ
焼き芋焼くパラ。アルミホイルを取るパラ。ぬぉ?どっちが表てパラ?キラキラしてるほうパラ?

アルミホイルの裏と表はどっち?

アルミホイルは、アルミをローラーとローラーで挟んで薄く延ばして造られていますが、このときに2枚を重ねて薄く延ばしています。

ローラーに当った面は光沢のあるピカピカした面になり、アルミとアルミが重なっていた面は光沢のない艶消しの面です。

見た目は異なりますが、1つの材質で作られているため機能には変りなく、表も裏もありません

使い方としては、綺麗に魅せる料理はその料理が一番よい状態に見えるアルミホイルの向きで盛り付けするといいです。

まとめ アルミホイルはどっちの面でも使っていい

単に包むだけに使用するなら深く考えずに自由に使いましょう。

もやパンダ
アルミホイルに裏と表はなかったパラ。意外な答えパラ。

【関連】電子レンジで爆発・発火する危険なもの

スポンサード リンク

-面白い雑学

Copyright© ナレッジ!雑学 , 2019 All Rights Reserved.