コーヒーやビールが大人になると美味しくなるのは本能だった!

スポンサーリンク

コーヒーやビールが苦いと感じる人と美味しいと感じる人の差はなぜあるのでしょうか?実は子供の頃が関係しているのです。いったいどういうことなのでしょうか?

それは、子どもはコーヒーの美味しさがまだわからないためです。

[st-kaiwa4]コーヒーは苦味しか感じないパラ。[/st-kaiwa4]

「苦い」と感じる人の違いの差とは

苦いと感じる人の違いには、2つの理由があります。人の味覚は次の6つから成り立っているので見てみましょう。

  • 甘味
    → エネルギー
  • 塩味
    → ミネラル
  • 酸味
    → 腐敗
  • うま味
    → タンパク質(アミノ酸)
  • 苦味
    → 危険な毒
  • 脂味
    → 近年になり判明

この中で、甘味・塩味・うま味は本能的に好む味になります。

子どもが生まれて、最初に口にする母乳やミルク。これらの栄養主成分は、甘味であるエネルギー、うま味であるたんぱく質、塩味であるミネラルが含まれていますが、子どもはこれを生まれたときから飲みつづけ、味覚を形成します。

この3つは他のどの味覚よりも格段に優れた味覚として発達していくことになるのです。

対して、酸味や苦味は子どもの頃から経験をしていない味。この味を本能的に毒や腐敗したものと判断しています。

大人になるまでの間に経験を積み重ねないと、コーヒーやビールは苦い味のままということに…。身体がこの飲み物は「安全ではない」と判断しているためです。

味を感じる細胞が減少する

大人になると、味を感じる細胞が減ったかどうかの場合もあります。

舌には味蕾という味を感じる細胞があります。赤ちゃんのときに約1万個ほどあるのが、65歳くらいになると5000個ぐらいに減ってしまいます。

その理由は、加齢と亜鉛不足によるもの。亜鉛はレバーやカキに含まれています。味を感じる細胞は10日に1度生まれ変わりますが、食生活や汗の量で味を感じる細胞が減っていってしまうのです。

まとめ 本能で拒絶と細胞が減る

「苦味」は、まさに修行をつんだ大人の味!

[st-kaiwa4]20~30代の若い人たちもビールを苦いって言ってる人が増えているパラ。苦味や酸味は飲んで経験して「安全だから美味しい」と思わせないと美味しくならないパラ。[/st-kaiwa4]

【関連】1年を早く感じる理由「ジャネーの法則」をわかりやすく説明

タイトルとURLをコピーしました