PR

粉雪とぼたん雪の違い

雑学と豆知識

今年も雪が降ってきた♪

雪には、「粉雪」と「ぼたん雪」と呼ばれるものがあります。

言葉だけを聞くと、どちらの雪も可愛くて綺麗なイメージがありますが、この2つの雪にはどのような違いがあるのでしょう?


こな~雪~ねぇ~心ろまでひろ~く~そめた~なら~パラ♪

粉雪とぼたん雪の違い

ぼたん雪と粉雪の違いは、水分が含まれている量で呼び名が変わります。

つまり、雪質

粉雪はサラサラして乾燥している雪。対するぼたん雪は水分をたくさん含んでベチャベチャしている雪になります。

  • 粉雪サラサラ
  • 牡丹雪ベチャベチャ

水分量の違いで、雪遊びに適したものも変わります。

粉雪はサラサラしているため、スキーやスノーボードには打ってつけの雪へ。そして、ぼたん雪は水分が多いため固まりやすい性質をもちます。このお陰で雪合戦や雪ダルマを作るには最適です。

粉雪の特徴

粉雪はスノーパウダーとも呼ばれており、非常にサラサラしたものです。この雪の上で転んでも痛くなく、怪我もしづらいです。

寒冷地帯に多く降り、日本では北海道などの北の方で観測できます。

実際に旅行中に北海道で体験した雪ですが、本当にふわふわしていて気持ちが良かったです。丸くしようとしてもすぐに崩れるので雪だるまを作るのには不向きでしたね。

上空の温度が非常に低く、地上に到達した時点の温度も非常に低い場合に粉雪が降り積もります。

極寒の地で拝める雪!

ぼたん雪の特徴

ぼたん雪は地域により「ぼた雪」とも呼ばれ、水分量が多く1つの雪としてまとまっている場合があります。

上空の温度が暖かく、粉雪が落下中に暖められて溶けながら互いにくっつき合って大きくなります。

まとめ 粉雪とぼたん雪の違いは降雪の違い

ちなみに、西日本に多く降る雪は「わた雪」で水分を多く含んでいます。

固い雪です。

雪ダルマも作りたいし、雪合戦もしたいから、ぼたん雪も粉雪もどっちも降ってほしい!

ぼたん雪が降っていて、その上から粉雪が運良く降ればできるかもしれません。

粉雪で雪合戦をしたら、投げた時に「粉」になって飛んでいってしまいます。雪かきをするときも粉雪は軽くてサラサラしているので楽々できますが、ぼたん雪は水分をたっぷり含んでいるため重たくて大変。冬なのに雪かきをすると汗をかくほど重労働です。

ふわふわの雪でかき氷を食べてみたい!

かき氷機で可能ですが、オホーツク海の流氷でいつかはそのままかき氷を…。