墨田区と隅田川で「すみ」の漢字が違う理由

面白い雑学
スポンサーリンク

東京スカイツリーは東京都墨田区にありますが、その近くを流れるのは隅田川。花火大会も行われ全国的にも有名な川となります。

ところで…?おかしなことに気づきませんか?

読み方は同じ「すみだ」なのに「墨田」と「隅田」でなぜか表記が違います。いったいこの違いの差はどこから出てきたのでしょうか?

墨田区 の「墨」、 隅田川の「隅」 で読み方は同じなのに漢字が違う理由は、東京23区の名称決定に影響した漢字表の存在があります。

[st-kaiwa4]墨田区と隅田川は同じ“すみ”パラ。なんで漢字が違うパラ?[/st-kaiwa4]

墨田区 「墨」隅田川「隅」 漢字が違う理由

墨田区が誕生したのは、東京が35区から22区(後に23区)に移行した1947年3月のこと。

さかのぼること江戸の時代、「隅田川」は「角田(すみた)」を流れる川ということから、名づけられたと考えられています。

ある集落が持っている「田」の中 で、農地の中央にあるのが「中田」、そしてすみっこにあるのが「角田」と名付けられました。

「角田(すみた)」は住田や隅田とも書かれ、「すだ」とも 読み、「須田」・「墨田」などとも書けます。

明治時代は南葛飾郡の「隅田村」が、大正12年には「隅田町」になり、昭和7年には「東京都向島区隅田町」へ。

しかし、昭和22年3月15日に北部区域の「向島区」と南部区域の「本所区」が合併して、新しい「区」が誕生し、「墨田区」が生まれました。

なぜ歴史のある「隅田川」、「隅田村」、「隅田町」などの漢字を使わなかったのでしょうか?

それまであった本所区と向島区が統合されてできましたが、初めはこれまでの歴史から隅田川に使用されている漢字の「隅田区」になる案が有力となり、結果、隅田区が第一に選ばれ区会に送られました。

でも、『前年の1946年11月に内閣告示された当用漢字表に「隅」の字がなかったことを理由に「隅田区」は採用されなかった』のです。

ちなみに地元で「隅田川」として親しまれている川ですが、昔は荒川の支流という位置づけに過ぎず、歴史的には「墨田川」や「角田川」などの表記もあります。

当用漢字表に「隅」の字がなかった

墨田区誕生から20年近くたった1965年の河川法施行で正式に「隅田川」になりました。隅田川周辺は現在も「隅田」と「墨田」が混在しています。

川沿いにある公園は「隅田公園」があり、夏の風物詩である花火大会は「隅田川花火大会」と書きます。そして、学校では墨田幼稚園や、墨田中学校、そして墨田川高校と明記されています。

誰でも知っている「隅田川」の「隅」の字が、戦後の日本を新しく改革しようとしている政府から、「使うことは好ましくない字」とされていました。

そこで様々あった「すみだ」の当て字の中でも、言葉の響きのよい「墨」の字を採用することになったのです。

「PR」筆ぐるめストア
(簡単操作でオリジナルのはがき・年賀状作成)

まとめ 墨と隅の漢字には歴史がある

漢字表とは、「法令・公用文書・新聞・雑誌および一般社会で使用する漢字の範囲を示したもの」とあり、国民生活の上で使う漢字を1850字に制限したものです。そして、「隅」は1981年の常用漢字表で採用されています。

[st-kaiwa2]漢字表の影響により、「隅田区」ではなく「墨田区」と変更されたパラ。「隅田」という漢字が歴史や住民の間で人気だったパラ。「隅田」という漢字が多くの場所で今も使われているパラ。[/st-kaiwa2]

【関連】隅田川花火大会の日程と失敗しない穴場スポットの場所

タイトルとURLをコピーしました