仕事がうまくいく曜日と時間はいつ?

スポンサーリンク

日曜日でも仕事をしている人もいます。

逆に、休日は仕事以外のことはしないという人もいます。

大人になり仕事を始めると人により休日が異なりますが、子供の頃は皆、土曜日や日曜日は休日でした。

実は人は曜日によって心理状態が変わります。これは仕事面にも繋がっていきます。仕事で成功する確率が高い曜日はいつなのでしょうか?


日曜日の夜は優越パラ・・・。また一週間が始まるパラ・・・。速く金曜日になって欲しいパラ・・・

スポンサーリンク

仕事で成功率が上がる曜日

曜日によって感情が変わる人も少なくありません。

仕事で成功しやすい曜日があります。

一般的な会社は土日祝が休みになります。この日はリフレッシュができる日というイメージが強いです。子どもの頃から土日祝は休みのため潜在的に「休み」という心理が働いています。

毎日楽しいことが一番ですが、月曜日になると仕事が始まり気分がブルーになることが多い日。自殺や心筋梗塞などの事故が多いのも月曜日に集中していることがわかっています。休みが終わった切なさと、仕事や学校が始まる辛さから気分が落ち込むようです。

そして、火曜日は、嫌な気分に慣れてやる気が出る曜日になります。

水曜日は週の折り返し地点と疲れが溜まり始め…。

木曜日は疲れが目立ち作業効率が低下…。

金曜日は週末が待ち遠しく仕事に集中できない曜日になります。

仕事に集中できるのは火曜日!

つまり、火曜日が一番仕事に集中できる曜日になります。

ちなみに、やる気が出る時間帯は、ドーパミンが一番放出される朝の10時から12時頃。

絶対に成功させたい仕事や集中したい仕事、大事な会議などは火曜日の朝10時〜12時の間に設定してみると良いかもしれません。

まとめ 火曜日は仕事が成功しやすい

火曜日はやる気いっぱいです。なんでもできそうな気がしてきませんか?


コンサル一年目が学ぶこと(楽天)
本書は、コンサルタンティング会社に勤める人のためだけの本ではありません。職業・業界を問わず、 15年後にも役立つ普遍的なスキルを、社会人一年目で学んだときの基礎的なレベルから理解するための本です。


やる気が上がる8つのスイッチ(楽天)
モチベーション理論の第一人者が教える、心に火をつける方法。


さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0
「強みの活かし方」が資質ごとにわかる!進化したウェブテストのアクセスコード付き。

タイトルとURLをコピーしました