雑学と豆知識

「くわばらくわばら」語源の意味とは?

2019年1月19日

うわぁぁぁぁぁぁぁ!!

怖いものを見たときに「うわー!」と叫ぶのは普通のこと。

ぎゃぁああ!!

と叫ぶ人もいます。

しかし、その後に、「くわばらくわばら」と呪文のように唱える人もいます。では、「くわばらくわばら」とはどのような意味があるのでしょうか?


ぬぉー!!幽霊が窓にいたパラー!くわばらくわばらパラー!ぬぉ?「くわばら」ってなにパラ・・・?

くわばらくわばらの語源

幽霊など、恐ろしいものを見たときに「くわばらくわばら」と言いますが、どのような意味が込められているのでしょうか?その語源とは?

「くわばらくわばら」は怖いときに使われる言葉だと思われていますが、実はもともとの意味は違います。諸説ありますが、兵庫県の桑原という地名で誕生した言葉だと言われています。

昔々、兵庫県の桑原という場所にお寺がありました。ある日、雷様の子どもがお寺の井戸に落ちてしまったのです。雷様は叫びました。

たすけてくれー!

その声を聴いた和尚さんは、声のする井戸の方へいきました。和尚さんは声のする井戸の中をのぞいてビックリ!雷様の子どもが泣き叫んでるではありませんか。

和尚さんは雷様を助けるかわりに、ある約束をします。それは、「桑原の土地に雷を落とさせない」こと。雷様は和尚さんとの約束を受けることにしました。そして、無事に深い深い井戸の中から出ることができたのです。

「(雷を落としてはいけない場所)くわばらくわばら」

雷が鳴った時に、「くわばら」と言えば雷が落ちないかもしれませんね。

まとめ 雷様を助ける取引言葉「くわばらくわばら」

おっちょこちょいの雷様です。桑原には「くわばらくわばら」で雷が落ちなくなりました。和尚さんすごいですね。



防災グッズなら【ディフェンドフューチャー】
防災のプロである防災士が厳選した防災グッズです。楽天1位獲得【防災士が厳選した防災グッズ44点セット】

マンション
災害や緊急時の備えなら、防災非常用蓄電ナビ
工事不要のため一般住宅やマンション、店舗、かかりつけ病院など場所を選ばない気軽に災害時の停電対策が可能です。災害が多くなってきている中、各地で大規模停電になることも最近では頻発しています。そんな中、必要最低限の電気が場所を問わず確保できます。今まで工事が必要だった蓄電池ですが、ポータブル蓄電池なら届いたその日から使用可能です。

何か聞こえる…、怖~い怖~い恐怖の動物園…

【関連】【動物園アニメーション】

-雑学と豆知識

© 2020 ナレッジ!雑学