雑学と豆知識

寝苦しい夜に寝つきが良くなる対策方法とは?【熱帯夜】

2019年1月19日

暑い夏は夜まで暑い!

熱帯夜の夜には寝つきが悪くなりますが、暑さ以外の原因の一つに「寝るときの服装」があげられます。

夜中目が覚めないようにするには半そで「Tシャツ or 長袖パジャマ」?


暑くて寝られないパラ・・・。この世の地獄はここにあったパラ・・・。

寝つきがいいのは半そで?長袖?

夏は暑いから半袖で寝る人が普通ですが、結論から言うと、快適な睡眠にするには長袖のほうが良いです。

暑い寝苦しい夜は半そでを着て、できるだけ露出を増やしたほうが快適な睡眠につけると思いがちですが、実は、長袖を着るほうが快適に眠ることができます。

長袖で布団を清潔に保つ

深い眠りにつくには快適で良質な空間を作ることが重要です。長袖を着て寝ることで布団の清潔さを守ることができます。

人は寝ている間にコップ一杯分くらいの汗をかいているといわれていますが、熱帯夜ならその数倍は汗をかいている状態です。

肌の露出の多い半袖だと汗が布団に染み込んでいくことに…。

汗以外にも脂や肌の角質なども布団に落ちて汚すことになります。また、それらが布団にいるダニのエサになっています。

ホテルのように敷布や敷パッドなどを毎日洗って使用している場合は大丈夫ですが、家では長袖のパジャマで寝た方が衛生的にも精神的にも良い睡眠がとれます。

長袖・半袖の湿度の問題

衛生面や精神面以外にも理由があります。

肌の露出が多い半袖は汗を吸収しないため、体温調節が上手く働かない可能性があります。

暑くて寝苦しいのは湿度が高いから。

汗をかいたままにしておくと、蒸発して湿度が高くなるので眠りの質を下げてしまうのです。吸汗性や通気性に優れた長袖長ズボンのパジャマを選びましょう。

まとめ 気持ちよい睡眠は長袖

吸汗性や通気性に優れた長袖長ズボンのパジャマでぐっすり眠れます。試してみると良いでしょう。


ひえぷる やわらかまくら(楽天)
暑くて寝苦しい夏におすすめ!高性能冷却グッズで、エアコンに頼らない「エコ睡眠」をサポート。暑くて寝苦しい夜の快眠枕、急な発熱時の冷却、打撲、捻挫などの冷却に適しています。高い冷却効果と持続性を発揮します。冷凍させても硬くならず柔らかでしっかりした寝心地です。


アイスノンソフト 【冷たさ長持ち10時間】(楽天)
軟らかフィットで10時間冷却。

-雑学と豆知識