安全に高い所の釘を打つ裏技とは?

スポンサーリンク

身長が足りずに高い位置に釘が打てない場合があります。

近くには台があるものの、転倒の危険もあります。

そんな時の釘打ち方法があります。


ぬぉー!!危なかったパラ・・・。高いところに釘を打つのは難しいパラ・・・。台を持ってくるパラ。

スポンサーリンク

台を使わず高い所に釘を打つ裏ワザ

高い所に釘を打つ便利な裏ワザがあります。しかも手を打つこともありません。安全に釘を打つことができます。

台の上に乗って無理に背伸びをしたら転倒の危険があります。この方法は、台も椅子もいらない便利なやり方になります。

使うのは段ボール!

  1. 段ボールをカット
  2. 先端が釘を打つ位置に届くほどに幅4cmぐらいにカット
  3. 段ボールの先に釘を入れ込みます。
  4. 後は釘を打ち込むだけ
  5. 打ち込んだ後は段ボールを引き抜いて完了

安全!簡単!便利!

まとめ 安全に簡単に釘打ち

台のうえにのって上のほうにある釘を打とうとすると足元の集中が減って転倒する恐れがあります。

この方法で高い場所にある釘を打つようにしましょう。これなら自分の手を打つこともないし、ばっちり釘を打てます♪


ストロングツール(Strong TooL) 2WAYハンマー パイプ柄 30mm 02406(楽天)
加工物を傷つけない!木製品の組み立て、金型の取り付けに。ゴムと樹脂、2つのヘッドを使い分けられる2WAYハンマーです。


ハイロジック C-933 丸釘セット ケース入(楽天)
C-933 丸釘セット ケース入

【関連】鳶職のズボンはなぜ太い?【ニッカ・ポッカ】

タイトルとURLをコピーしました