面白い雑学

幻の桜石とは

2019年1月18日

世界には多くのミステリーがありますが、京都には「桜の形をした石」があります。桜石と呼ばれるこの石はどのようにして出来たのでしょうか?石の正体とは?

京都にある桜石です。桜の花びらが石なのでしょうか?

もやパンダ
桜石っていうものがあるらしいパラ。


(出典:oriot.files.wordpress.com)

京都にある桜石とは

桜石は、石そのものです。長い年月をかけて自然に出来た貴重な石。

色も桜の花びらの色に似ています。形も計算されたように等間隔の六角形。菫青石(アイオライト)が風化してピンク色に近づくと、桜石の状態になるそうです。

一定の角度や規則性をもった3つの結晶がつながり、結果的に花びらのような6角形になっています。

ハチの巣も六角形です。桜の花びらも六角形。アイルランドにも六角形の石があります。自然にある形は六角形が安定しやすい形なのです。

桜石がある場所

菫青石は六角柱状の結晶で、泥質の岩石がマグマで熱せられてできる鉱物になりますが、桜石というだけで正式な鉱物名ではありません。雲母と緑泥石の混合物になります。

桜石がとれる場所は、京都府の亀岡市稗田野町にある桜天満宮の境内。桜天神が有名です。昔は桜石を厄除けとして参詣者に配っていたこともあるそうです。

しかし、現在は採堀してはいけないことになっているため、採ることはできません。桜石がほしい人は一般販売されているお店や通販で買う方法があります。

桜石 Rakuten

「PR」12時間で咲く不思議な桜【Magic桜】

まとめ 桜石は貴重な石

希少な石になります。1992年から天然記念物に指定をされています。採ると罰則を受けてしまうので絶対に採ってはいけません。

もやパンダ
天然記念物に指定されているパラ。桜石は亀岡を訪れた旅の行者が桜石を邪気に向けて投げて鬼を退治した伝説があるパラ。雷除けのお守りになるパラ。

【関連】【川沿い】土手に桜の木が多い理由

スポンサード リンク



-面白い雑学

Copyright© ナレッジ!雑学 , 2019 All Rights Reserved.