健康

熱中症になりやすい体質は2歳半までに決まる

熱中症は最悪の場合、死に至るケースがある恐ろしい病気です。熱中症にかからないためには体温調節のため汗を流す量がとても重要。

実はこの汗腺は2歳半までに体質は左右されるといわれています。いったいどのような理由なの?

汗腺の数は2歳半までに決まる エアコンのリスク

熱中症になりやすい体質は2歳半までに決まます。この歳までは汗腺の数に大きな差が生まれるため。

現代社会は多くの家電製品で溢れています。熱中症のリスクを分ける原因はエアコン。人間は「能動汗腺」という穴から汗をかくのですが、これにより体内の熱を放出して体温調整をしています。

でも、2歳半までにエアコンで涼しい生活をしていると汗腺が少なくなり、汗のかけない体質になる恐れがあるのです。

汗腺が身体に必要ないと思い、弱まったり退化する…。

汗を出す能動汗腺の大部分が2歳半までに形成され、2歳半までに汗腺が少ないと、成長してからも熱中症になりやすい。

日本人の能動汗腺

  • 平均
    約230万個
  • 2歳半まで汗をかかない生活
    約150万個

汗をかかないと熱が身体から出て行かないため熱中症になります。

2歳半まではできるだけエアコンを避ける必要があります。ただし、暑すぎて熱中症にかかれば本末転倒。無理は禁物です。臨機応変に対応したいところ。

熱中症予防のトレーニングをしておくといいでしょう。

熱中症予防のトレーニング方法

  • 冷房の温度は26℃~27℃
  • 窓を開けて外気を混ぜるのが効果的

まとめ 子供の体温調整機能は未熟 無理はしないこと

汗腺が少ない人も、日常的に適度な運動をすることで発汗がよくなるため、体質改善には効果的です。

【関連】熱中症に子供と高齢者がなりやすいのはなぜ?

スポンサード リンク

-健康

Copyright© ナレッジ!雑学 , 2019 All Rights Reserved.