フローリングのへこみ跡をアイロンで簡単に補修する方法

フローリングの凹みを直す方法「4コマ漫画」雑学を活かす
スポンサーリンク

重いものを床に落としてしまったら床が凹んでしまいます。こうなると何十年と住み続けるマイホームで一大事件です。「修繕したい!目立たなくしたい!」なんとかできないものでしょうか?

業者を呼ぶと、凹んだ床を直すのに半日ほどかかります。金額は2万から3万円ほど必要です。痛い出費…。でも大丈夫!小さな傷なら自力でなんとか修復できます。

[st-kaiwa3]ぬぉー!?床に傷がパラ・・・。凹みがパラ・・・。気分まで凹むパラー・・・。[/st-kaiwa3]

凹んだ床を戻す方法

凹んだ床を修復する簡単な方法があります。やり方を見ていきましょう。

「材料」

  • アイロン
  1. 凹んだ床の部分に水を浸します
  2. 針か押しピンで水の上から3~4ヶ所刺しましょう
    (フローリングに水分を浸透させるため)
  3. 濡れタオル1枚を押し当てながらアイロンで5~10秒押しつけ温める
  4. アイロンの押し当てを2~3回繰り返す

水を含んだ床は、木の性質により凹んだ部分が膨らんできて目立たなくなる仕組みです。アイロンを使用する場合は、アイロンスチームを使うと効果的に修繕可能です。

フローリングの凹みを直すときの注意点

どのようなフローリングにも効果があるのでしょうか?実は、すべてのフローリングで効果があるわけではありません。『無垢材のみに効果がある』ため気を付けましょう。

そして、加工されたフローリングでは効果がでない場合も。目立たないところで一度試験的に試してみると安心できます。

まとめ 無垢材を確かめて凹みを直す

この方法をつかえば簡単にフローリングを修繕することができます。試してみる価値あり!

[st-kaiwa1]重たい物が床に落ちたり、椅子を引きずったり、気を付けていてもできてしまうフローリングの凹みパラ。 諦めていた人も多いパラ。[/st-kaiwa1]

【関連】床の傷はクルミで消える衝撃!

タイトルとURLをコピーしました