呪われたイースタン州刑務所の心霊現象がヤバイ!

面白い雑学
スポンサーリンク

この世の中にはまだまだ知られていない謎が多く残されています。その一つに『呪われた刑務所』というものがアメリカにありますが、謎の声や気配。

そして影を目撃するものが多数いると言います。魔の地獄が潜んでいるとされ恐れられています。一体どのような場所なのでしょうか?

アメリカ・ペンシルバニア州のフィラデルフィアにある恐怖のイースタン州刑務所は「呪われた刑務所」という異名を持っています。

[st-kaiwa3]アメリカ・ペンシルバニア州のフィラデルフィアに恐ろしい刑務所があるらしいパラ・・・。幽霊がでるパラ・・・。[/st-kaiwa3]

アメリカにある呪われた刑務所

イースタン州刑務所は、1829年から1971年まで、約75,000人の囚人を収容していました。罪人を多く投獄させるための独自のシステムを持つ刑務所として知られています。

現在は建物全体が腐り、サビてしまい廃墟になりましたが、過去に呪われるほどの事件や事故が多発したことから廃墟を加速させたなんて声も根強く存在します。

アル・カポネという人物が幽霊の正体か?

この刑務所を多くの人に知らしめた人物がいます。それはギャングスターのアル・カポネという人物。

彼は、アメリカ・シカゴの暗黒街のボスでタイム誌の表紙に載るほどの裏社会では顔の知れた人物でした。「暗黒街の帝王」という名も持っています。

1899~1947年の10ヶ月投獄されていましたが、アル・カポネの独房だけは金にモノを言わせた改造をした特別仕様で、10か月の間は贅沢をして過ごしていました。

アル・カポネは、刑務所職員を買収していたため、他の受刑者とは違い、このような差別化ができました。

罪人なのに豪遊生活はおかしい…。

また、ギャングスター・アル・カポネが特別に生活できた理由は、警官や警備員など複数でも取り押さえることができなかったこともあげられます。

そして刑務所でも、不気味な行動やお金目当てに危険なことを回避するなど、彼の行動を優先されたと言われています。これが実際の部屋。


(出典:livedoor.blogimg.jp/)

呪われた刑務所の真相 幽霊は怒り狂う囚人か?

アメリカでも最大級クラスを誇る囚人を集めていた場所です。この刑務所は中央の棟から放射状にのびるコンクリートの長い廊下で構成されて、各独房にはセントラルヒーティングが一つあるのみ。

十分に室温が上がらないため、寒さで命を落とす人も少なくありませんでした。そして、散髪室をはじめ、炊事場や手術室がありますが、この刑務所には態度の悪い囚人を拷問する場所まで置いてあります。

かなり残酷な拷問が行われていたようで、拷問中に命を落とす者や、うす暗い空間で精神が崩壊して死んだ人も多かったといいます。

そして、不可思議な出来事が最も起こるのは4番監獄。そこにあるはずのない影をみたという証言があるのもこの場所です。死者の魂が彷徨う「オーブ」の出現もあります。

数えきれないほどの人が、寒さと痛みに苦しみながらこの場所で亡くなっています。日本でも幽霊などの目撃情報が後を絶ちませんが、アメリカでも同じように幽霊は目撃されています。

この刑務所はその中でも怪現象の報告が群を抜いて、中には、1度に100人以上の霊を見たなんて証言もあります。

囚人の霊…。

地元では、「この世ではない低い声が聞こえる」・「背後に寒気や重くなる気配」・「影が見えた」などを体験する人が後を絶たずに、亡くなる人や不幸に襲われる人、霊界から本物のエネルギーを感じる刑務所として今も有名です。

犯罪人を収監する刑務所ですが、実際に重い罪のある者は死刑を実行する施設でもあったため、本当に霊がさまよっていてもおかしくありません。

犯罪は「恨み」や「妬み」をきっかけにして起こることが多いです。そうした犯罪人が集まった場所は他の場所とは違う強い霊空間になるのかもしれません。

「PR」航空券
(格安航空券・海外旅行の【エアトリ】 渡航・宿泊・旅行)

まとめ イースタン州刑務所の現在

イースタン州刑務所の今は、観光スポットとして知名度を上げています。ホラーらしさを最大限生かせる場所のため、ハロウィンの時期には「ナイトツアー」などのイベントも行われているようです。

[st-kaiwa1]廃墟になってからも、一般人の役に立つ建物になっていたパラ。[/st-kaiwa1]

【関連】幽霊に憑依されたときの症状

タイトルとURLをコピーしました