アイロングローブが広島100均ダイソーでバカ売れの理由

スポンサーリンク

アイロングローブという商品が売れに売れまくっていると言います。その理由とは?そもそもアイロングローブとは、いったいどのようなものなのでしょうか?

100円ショップ「ダイソー」で、なぜか売上が爆上昇のアイロングローブが今話題沸騰しています。なぜ人気があるのでしょうか?

[st-kaiwa4]100均でアイロングローブが売れているらしいパラ。アイロングローブってなにパラ?[/st-kaiwa4]

アイロングローブとは

実はこの道具、服をハンガーにかけたままアイロンをかけることが出来る優れものです!

通常はアイロン台に服を寝かせてかけますが、この商品は服をハンガーにかけたままアイロンをかけることが出来る…、ということは…?

大幅な手間と時間を削減することが出来る

使い方は簡単。手にアイロングローブをはめて、アイロン台の替わりにアイロンをかけるだけ。

通常のアイロン台でやると動かすのは服のほうですが、一方、アイロングローブは「アイロングローブを付けた手」を動かすため、自由に立体的にアイロンをかけることが可能になります。

忙しい時間に短時間で気になるシワを直すことができ、主婦層を中心に売上を伸ばしています。

襟口など、ちょっとした気になる部分も手軽にアイロンをかけることが出来るのは嬉しい!なんといっても100円というところが魅力的。

広島の呉市で売れるのは海上自衛隊が理由

広島の呉市にあるダイソー「呉レクレ店」で、アイロングローブが異常に売れているようです。売上ランキング1位で飛ぶように売れています。

その理由は、ダイソーが置いてある店舗の場所と近くにある国の施設が関係しているため。

その施設は「海上自衛隊」。海上自衛隊の学生が春のはじめに毎年買い占めていくことで、売上が他よりも伸びているのです。

「引率外出」で4か月間、海上自衛隊としての基礎を学ぶますが、海上自衛隊の新人はこの外出であらゆる施設を回りますが、その中の一つにダイソーが入ります。

新人達がアイロングローブを購入する理由は、「先輩からこれいいよ」と言われているから。では、どのタイミングで使うのでしょうか?

朝6時の起床と共に動き出す隊員達、全力で向かった先は校庭。緊急事態を想定していつでもすぐに動けるようにしています。

掃除をした後、6:45分に朝食を食べる。そして朝食が終わり部屋に戻る隊員達は身の回りの整理をして制服に着替え、スピーチの集合場所に向かう。

そこでは教官が厳しい目で隊員達の服を見ています。ここでアイロングローブの登場!教官達はここでアイロンのかかり具合を見ているので、部屋に帰った隊員はアイロングローブでしっかりとシワを伸ばします。

時間が命の自衛隊で大活躍するグローブアイロン。

海上自衛隊の隊員は、アイロン台だとすばやく細かい所をかけることができません。セーラー服は折り目が多いため、グローブアイロンの方が綺麗にアイロンをかけることが出来るのです。

まとめ 時間をかけずにアイロンがかけられる

自衛隊は基本的に身なりのものは自分で行います。出来るだけ手間をかけずに素早くアイロンをかけることが出来るこの商品は必須になっているようです。

[st-kaiwa2]便利グッズパラ![/st-kaiwa2]

【関連】部屋干しで臭くなる前に早く乾かす方法

タイトルとURLをコピーしました