【地獄の門】燃え続ける巨大クレーターができた悲しい理由

地獄の門「ダルヴァザクレーター」ってなに?「4コマ漫画」面白い雑学
スポンサーリンク

何十年も永遠と燃えているのは火山だけではありません。トルクメニスタン共和国のダルヴァザにあるカラクム砂漠には、巨大な穴「ダルヴァザクレーター」があり、砂漠にぽっかりとあいた穴の開からは常にメラメラと炎が上がっています。

穴の大きさは、直径約84メートル、深さ約20メートルと巨大なもの。トルクメニスタンは世界有数の天然ガス産出国として知られています。

空想の地獄の門ではなく、現実に地獄の門が存在するのです。

[st-kaiwa3]地獄の門にいってみたいパラ…。[/st-kaiwa3]

ダルヴァザクレーター地獄の門はなぜできたのか?

今から約35年前の1971年、ソビエト連邦の科学者たちが天然ガスを採掘している時に落盤事故が起きました。すると、気づいた時には巨大な穴が開いていたのです。

静電気による発火が原因

この落盤事故により重機が穴の中に落下。天然ガスが噴き出している場所に燃料を積んだ重機が落ちてしまい、それで発生した静電気にガスが引火したといわれています。

科学者が意図的に火をつけたのが原因

燃えている理由として、有毒ガスが放出されることを懸念しガスに火を放ったのは科学者たちという説もあり、こちらが有力とされています。

穴が開いた後、洞窟から高濃度の有毒ガスが噴出していることが判明しました。当時はすぐにガスが燃え尽きて火は消えると見込んでいましたが、40年以上経過した今でも燃え続けているため大きな誤算になったのです。

悲しい…消えることがない炎…。この穴を塞いで沈火させるには、トルクメニスタンの国家予算1年分という莫大な費用がかかります。

「PR」航空券
(格安航空券・海外旅行の【エアトリ】 渡航・宿泊・旅行)

まとめ 消したいのに消せない地獄の門

現時点で、この天然ガスの燃焼を食い止めることは技術的にとても困難と判断されています。天然ガスの埋蔵量自体が不明なため、今後いつまで燃え続けるのかもまったくの未知。

真夜中から早朝にかけて見える炎は、地獄の門という名がピッタリの大迫力で、どこか美しくも見えます。

数十年経っても消えることがない炎、落盤事故によって誕生した「地獄の門」は、天然ガスの埋蔵量世界第4位を誇るトルクメニスタンの象徴になっています。

[st-kaiwa1]ダルヴァザクレーターは「地獄の門」パラ。魔王がでてこないように祈るパラ。[/st-kaiwa1]

【関連】【スアラナラカ】耳が破壊される地獄の声の正体とは

タイトルとURLをコピーしました