雑学と豆知識

「喫茶店」と「カフェ」のわかりやすい違いとは?

2019年1月18日

喫茶店とカフェ、あなたはどちらの呼び方で呼んでいますか?

実はそれぞれ違うお店だった!

カフェは今どきって感じがしますが、喫茶店は時間がゆっくり流れてるイメージ♪カフェと喫茶店は呼び方が違うだけで一緒だと思っていました。

昔は喫茶店と呼んでいたけど、今はカフェと呼ぶ…、なんてことはありません。どちらも違う意味を持ちます。


こっちのドラマでは喫茶店って言ってたパラ。他のドラマはカフェって言ってたパラ。一緒の意味パラ?

喫茶店とカフェの違い

同じだと思っていた喫茶店とカフェ。

実は営業方法がそもそも異なります。そのため、まったく別のお店です。

カフェと喫茶店の特徴

会社を開業するときに、カフェは飲食店の営業ですが、喫茶店は喫茶店の営業として登録されます。

  • カフェ → 飲食店
  • 喫茶店 → 喫茶店

なにが違うのかというと、喫茶店営業はお酒を出すことが禁じられており、基本的にアルコールが入っていない飲み物や茶菓子を提供することになります。

アルコールの有無で名前が違った!

まとめ カフェはお酒が出せる 喫茶店はお酒が出せない

「今の時代なのにカフェって言わないで喫茶店って言うあの子、かわいいね~」よく聞くこれ、間違いだらけなので気をつけましょう。そういえば、喫茶店で酔った人は見たことがないですもんね。



【ネスレ日本公式】
コーヒーマシンが無料でレンタルでき、35種類以上のカフェメニューを、1台で楽しめる!誰でも簡単に本格カフェの味が楽しめます!お支払いただくのは、カプセルの料金だけ!

【関連】猫カフェで猫と仲良くなる方法

-雑学と豆知識