デッドボールの本当の意味とは

スポンサーリンク

野球で投手の投げたボールが打者の身体に当たることを「デッドボール」と呼びます。しかしこの「デット」という言葉は「死」を意味していません。いったどういうことなのでしょうか?

デットボールの呼び名を直訳すると『死のボール』、つまり「死球」になりますが、プロ野球で使用されているのは硬球。

それが100キロ半ばのスピードで身体に直撃すると、打者はまさに死ぬほど苦しい時間を味わうことになります。

「死の球」としてもっともらしい命名…。でも、本当の意味は違います。

[st-kaiwa3]デットボール恐ろしいパラ…。当たったら骨折ものパラ…。デットボール…デット…「死のボール」…パラ。[/st-kaiwa3]

デットボールの本当の意味

デッドボールは、「相手を死なせるほど恐ろしいボール」という意味ではありません。では、本当の意味とは?

実は、本当のデットボールの意味は死んだ球という意味。英語では「hit by a pitch」といいます。

どういうことかというと、『これまで順調に進んでいたプレーが一時停止されて、プレーからはずされたボールのこと』をデッドボールと呼んでいるのです。

「人が死ぬボール」ではなく、「ボールそのものが野球のゲームから死んでしまった」という意味になります。

まとめ デッドボールは死んだボール

投手が試合を止めたペナルティーとして打者は一塁を与えられています。痛い思いをしたから1塁に行ける意味ではありません。

[st-kaiwa3]相手を死に追いやる恐ろしい球の意味じゃなかったパラ…。その試合からはずれて死んだ球という意味だったパラ。[/st-kaiwa3]

【関連】ビール売り子の給料(歩合)はいくら?稼ぐ方法とは

タイトルとURLをコピーしました