カレーで嫌な記憶力が忘れる理由

カレーで記憶喪失!?「4コマ漫画」面白い雑学
スポンサーリンク

幸せな身体を作るためにはストレスを溜めないことが重要です。ストレスは主に自分が嫌だと感じた場合に発生してしまいます。

つまり、嫌なことはすぐに忘れるとストレスは溜まらないという訳です。そのストレスを無くすにはある食材がありました。

嫌な記憶を消したいときにどのようにしたらよいのでしょうか?その答えは、『カレー食べる』こと。

[st-kaiwa4]失敗した忘れたい記憶はカレーで消えるパラ?ワケワカメパラ。[/st-kaiwa4]

カレーを食べれば嫌な記憶を消せる!?

米国エール大学を中心とした研究グループが行った調査によると、特定の音を聞いたとき怖がるようにラットを訓練しました。

その後、同じ音を聴かせたときに通常の餌を食べていたラットは恐怖で動かなくなったのです。しかし、クルクミンが豊富に含まれた餌を与えたラットについて異変が見られませんでした。

ウコンの主成分であるクルクミンが脳内に与える影響を調べた結果、短期的な記憶に対しては影響を及ぼさないにも関わらず、長期的な恐怖に関わる記憶を抑制する効果があると確認。

さらに、恐怖の記憶を思い起こしたときに、心にとどまらないように押さえ込む効果も確認しました。

ネガティブ思考を消すクルクミンの効果

カレー粉に含まれる黄色いターメリック(ウコン)の中のクルクミンという成分です。クルクミンは神経変性の疾患から保護する働きがあります。

この効果を応用して、ストレス障害の患者からストレスの元になっているネガティブな記憶を取り去る治療への適用などが期待されています。

でも、『ターメリックの中に含まれるクルクミンはわずか3%に過ぎない』ことを考えると、通常の食事での摂取は難しいです。具体的な研究はこれからのようなので過信しすぎないようにしましょう。

なお、カレーに含まれるウコン(ターメリック)は、肌の殺菌、浄化作用があります。肌トラブルや湿疹にも効能があるとされているため、ニキビや吹き出物予防・改善など美容効果にも期待できる成分です。

そして複数のスパイスによりダイエット効果にも期待できるのがカレーという料理!どちらにしても積極的に摂取したいところ。

「PR」「あれ何だっけ」、ちかごろ「?」と感じたら。
(ブレインケアサプリ【ジオフェルンZ】)

まとめ カレーで嫌な記憶が消えるのは研究段階

クルクミンは、『アルツハイマー、うつ病、不安、心的外傷後ストレス障害』などの予防にも効果が期待されています。ストレスを感じたらカレーを食べてみると、苦しみから少しだけ解放できるかもしれません。

[st-kaiwa1]カレーを食べるパラ♪今後の研究に期待パラ。[/st-kaiwa1]

【関連】50人に1人いる人の顔が覚えられない貌失認症と克服方法

タイトルとURLをコピーしました