由布院と湯布院の違い

スポンサーリンク

九州大分県は人気温泉地として有名です。その中でも「ゆふいん」は多くの人達に知られています。

そこで気になるのが、「由布院」と「湯布院」の二つの書き方があること。

どっち!?

双方の漢字に使い分けの違いがあるのでしょうか?


大分県は「ゆふいん」が有名パラ。漢字でかくと「由布院」と「湯布院」があるパラ。どういうことパラ?

スポンサーリンク

「由布院」と「湯布院」の使い分け方とは

駅は「由布院」ですが、観光ガイドのほとんどは「湯布院」になっています。

紛らわしい!

湯布院は昭和30年に由布院町と湯平町が合併して誕生した地名です。

結論から言うと、湯平町を含むエリアは湯布院、含まない場合は由布院になります。合併により使い分けています。

高速道路のゆふいんインターチェンジは「湯布院」。

地元住民の間では湯布院と由布院の違いや経緯は知られていますが、時代が流れ湯布院と由布院をきっちり分けて考える地元住民は少なくなっているようです。

観光客は「湯布院」のほうが馴染み深いと思いますが、「由布院」が最初からあり、「湯布院」の言葉は後からきた言葉です。

合併前から旧由布院町にあったところは「由布院」。

旧湯平村を含んだ町全体を指すときには「湯布院」を使っています。

ごちゃごちゃする~

ちなみに、平成17年に大合併が行われましたが、庄内町・挾間町 ・湯布院町の3町が合併して「由布市」ができました。由布院温泉や由布院駅のある湯布院町は、「由布市湯布院町」と複雑な町名になってしまったのです。

同じ地域で「由布院」・「湯布院」・「由布」が混在することで使い分けが難しくなりました。

わけわかめ

そこで、現在では「ゆふいん」と平仮名表記されることも多くなっています。

ひらがな最強伝説!

まとめ ゆふいん、複雑すぎ

複雑化した漢字も、ひらがなで見事に解決しました。ひらがなで書けば間違いありありません。

関連墨田区と隅田川で「すみ」の漢字が違う理由

タイトルとURLをコピーしました