面白い雑学

紙幣(お札)に製造年がない理由

2019年1月19日

硬貨には製造年が刻まれていますが、紙幣には製造年がありません。その理由とは?

もやパンダ
コインには製造年がかいているパラ。お札にはかいていないパラ。10円玉・100円玉のお金には製造年が入っているパラ。1000円札・5000円札・10000円札のお金には入っていないパラ。なんでパラ?

紙幣に製造年がない理由とは

貨幣には製造年が入っているのに、製造年がお札に入っていない大きな理由は2つあります。

貨幣には製造年が入っています。しかし、製造年がお札には入っていません。その理由は2つあります。

硬貨は耐用年数が長い特徴があります。数十年耐えることができます。一方の紙幣は、耐用年数が1万円札で3~4年、5000円や1000円札は1~2年と短いです。

寿命を迎えた紙幣は順次新しいものと交換されています。

つまり、紙の寿命が早くやってくるので製造年を入れる意味がないのです。そして、2つ目は、紙幣には硬貨にはない通し番号が印刷されていること。

この番号を見れば製造時期がわかるようになっています。わざわざ製造年を入れる必要がないのです。

普通の人にはお札の製造年はわかりませんが、作った時期がわかる方法が印刷されています。紙幣の製造年を読み解くことができるのは、日本銀行と紙幣が関わる犯罪などが起こったときに、警察が日銀に問い合わせて製造年を調べるときぐらい。

硬貨に製造年が書いてある理由とは

硬貨はなぜ製造年が書いているのでしょうか?

それは、昔の「金本位制」・「銀本位制」の名残りです。明治4年の日本に造幣局ができて、鋳造した年により金銀の品質が異なりました。

そこで、いつ造られたものであるかを証明するために硬貨に製造年を刻印したのがはじまりになります。

まとめ お札に製造年月日を記載する必要がそもそもない

もやパンダ
製造年があると硬貨に含まれる金や銀の量が分かるパラ。硬貨の信用度や価値を高める意味があったパラ。

【関連】お札のシワをピン札にする方法と注意点

スポンサード リンク
何か聞こえる…、怖~い怖~い恐怖の動物園…

【関連】【動物園アニメーション】

-面白い雑学

© 2020 ナレッジ!雑学