てるてる坊主の由来が怖い!消えた歌詞とは

スポンサーリンク

童謡「てるてる坊主」を聞いたことがありますか?

実は怖い歌だった!

雨の日に家族に話せる意外な事実があります。

小さい頃からよく歌われている「てるてる坊主の歌」で、雨が振るとティッシュを丸めて雨戸に吊るして「明日晴れにしてください」とお天道様にお願いしたこともあると思います。

その時にてるてる坊主の歌を歌いながら作った経験を持つ人も多いのではないでしょうか?その歌、実は削除された歌詞があります。その消された恐ろしすぎる歌詞が話題です。

運動会や遠足の前日に「あ~した天気にしておくれ」と歌いながら、てるてる坊主を作ったりするけど…。見てみましょう。


雨が降ってきたらてるてる坊主を作ることもあるパラ。てるてる坊主てる坊主~♪恐ろしい歌みたいパラ。どういうことパラ?

スポンサーリンク

「てるてる坊主の歌」が恐ろしすぎる!衝撃のホラー

その親しみ深い「てるてる坊主」の歌詞が残酷すぎるとして3番がカットされました。歌詞を改めて見てみましょう。

1番
てるてる坊主 てる坊主
あした天気に しておくれ
いつかの夢の 空のよに
晴れたら金の鈴あげよ
2番
てるてる坊主 てる坊主
あした天気に しておくれ
私の願いを 聞いたなら
あまいお酒を たんと飲ましょ
3番
てるてる坊主 てる坊主
あした天気に しておくれ
それでも曇って 泣いたなら
そなたの首を チョンと切るぞ

童謡の歌っぽくない歌詞が入っている…。

実は、てるてる坊主で晴れを祈る風習は平安時代に中国から伝わりました。

ところがどっこい!

中国では坊主ではなく、箒を持った女の子「晴娘」という名の少女にまつわる伝説が始まりだといわれています。

中国版てるてる坊主

昔々、雨が降り続いて困っていたとき、天から「その美しい娘を差し出せば晴れにするが、差し出さなければ都を水没させる」との声が聞こえてきました。

人々を大雨から救うため、少女が犠牲となり天に昇ると、空は雨雲を箒で掃いたように晴れわたったと伝えられています。

切り紙の得意だった彼女を偲んで、娘たちは紙で「掃晴娘(そうせいじょう)」を作って吊るすようになったそうな。

日本版てるてる坊主

日本では、天候の祈祷をする僧侶に因んで「坊主」になったのでは?と言われています。

昔々、降り続く雨に困っていると、ひとりのお坊さんがやって来ました。お経を唱えてもらえば必ず晴れることで有名なのだと言います。

そこで殿様の前でお経を唱えてもらいましたが、次の日も雨は降り止みませんでした。罰としてお坊さんは首をはねられてしまいます。

その首を白い布で包んで吊るしたところ、次の日はよく晴れたそうな。

ヒィイイイ!! なんとも恐ろしい事実が隠れていた!

日本のてるてる坊主は恐ろしい 4番もある

この歌の作詞者は、小説家の浅原鏡村(六郎)という人で大正時代に作られています。実は「てるてる坊主の歌」は4番までありました。

それを作曲者がワンコーラス削除したと言います。3番の最後があの締めくくりなのでその先はもはや「ホラー」しか想像できませんが、いったいどのような歌詞が続いたのでしょうか?

実は、削除された歌詞の内容が現3番と同様「晴れない」結果でありながら、なぜか「穏やかで優しい対応」をしていると言います。

削除された4番
てるてる坊主 てる坊主
あした天気に しておくれ
もしも曇って 泣いてたら
空をながめて みんな泣こう

「てるてる坊主の力を信じて祈ろう、でも、もしも願いが届かずに曇ったら、その時はみんな一緒に空を見ながら泣いてあげよう」っという優しい歌詞になります。

さらに新事実が発覚!

この削除された4番は、実は最初の1番なのです。この1番目に来るはずだった4番がいつの間にか削除されて4番目になっていたという話です。

また、3番目の最後は、一説に「首を切る」という表現には「虫をちぎるなど残酷な一面をもつ子供の特性」を表しているとも、「願望を通そうとする権力者の暴力」という意味が潜んでいるとも言われているため、残酷な方が残ったといわれています。

首を切るとはその次代、最も身近な「死」、大正時代の世相を反映したからなのかも知れません。

現在にこの曲が生まれたとしたら確実に「もしも曇って泣いてたら 空をながめてみんな泣こう」の方が採用され、「そなたの首を チョンと切るぞ」の方が伝説になっていたでしょう。

では正しい歌詞に直してみます。

1番(伝説の4番)
てるてる坊主 てる坊主
あした天気に しておくれ
もしも曇って 泣いてたら
空をながめて みんな泣こう
2番
てるてる坊主 てる坊主
あした天気に しておくれ
いつかの夢の 空のよに
晴れたら金の 鈴あげよ
3番
てるてる坊主 てる坊主
あした天気に しておくれ
私の願いを 聞いたなら
あまいお酒を たんと飲ましょ
4番
てるてる坊主 てる坊主
あした天気に しておくれ
それでも曇って 泣いたなら
そなたの首を チョンと切るぞ

まとめ やっぱり怖いてるてる坊主の歌詞

最後だけいきなり豹変したみたい…。怖すぎる…。

関連童謡「証城寺の狸囃子」悲しいタヌキの物語

タイトルとURLをコピーしました