「シャケ」と「サケ」どっちが正しい読み方?【3つの由来】

全国15歳以上の男女1000人を対象に鮭についてのアンケートでは、「サケ」と読む派が38.2%、「シャケ」と読む派が61.8%との調査結果があります。

昔の人はシャケ!今の人はサケ!

っと、読んでいるイメージがありましたが、あなたはどちらで読んでいますか?

正しいのはどっちの読み名なのでしょうか?

気になりますね?


今日のごはんはシャケパラ~♪ぬぉ?サケパラ?

鮭の正しい読み方とは

結論から言うと、鮭の正しい読方は、「サケ」と「シャケ」どっちも正しい読み方で違いの差はありません。

ただし、「サケ」と「シャケ」には読み方に違いはありませんが、広辞苑にのっているのは「サケ」です。

サケがもともとの名前で、その後にシャケが派生して誕生した言葉になります。そうなると疑問に思えますよね?

なぜ二つの読み方になったのか?

方言でシャケとサケに分かれた

一つの説があります。その理由は、江戸弁を使う人たちが「サ行」をうまく発音することができなかったからです。訛って「サケ」のことを「シャケ」と読んでしまったことが始まりだといわれています。

どういうことやねん!

生存判断で分かれるサケとシャケ

関東以外にもサケをシャケと読んでる人も多いのではないでしょうか?そうなると、江戸弁は関係ないように思えます。

そこで二つ目の説。

生きている魚の状態をサケで、食べる時の状態をシャケと呼ぶ説です。

牛と同じで、生きてるときは「ウシ」ですが、食べるときは「ぎゅう(にく)「牛肉」」に変わります。

これだ!

切り身と加工・アイヌ語で分けられるサケとシャケ

この他にも、切り身の状態を「サケ」で、加工したものを「シャケ」と読む説や、アイヌ語で鮭のことを「サクイベ」や「シャケンベ」と呼ぶことから「サケ」や「シャケ」が生まれた説もあります。

どれやねん!

説が多くて混乱しますね。

ちなみに、平安時延期式にかかれているものには、「サケの干物を120匹収めるように」とかかれているので、平安時代にはサケが一般的だったようです。サケは裂けやすいという理由からきています。

まとめ もはや意味不明

要するに、サケは「サケ目サケ科サケ属」でサケが正しい読み方です。ただ、サケでもシャケでもどっちでも良いのです。

鮭は焼いても刺身でもお寿司でも美味しい!



創業50年、高級スモークサーモンの老舗「王子サーモン」
創業50年以上、全国にファンがいる鮭ブランドです。ギフト用のスモークサーモンとして国内NO.1です。長時間燻製で最長24時間燻製します。(競合他社は通常3~4時間です)長時間燻製により、余計な水分がなくなり旨味が凝縮されています。


昔ながらの 激辛 紅鮭大容量(楽天)
鮮度の良い紅鮭を3枚卸で塩漬けしてじっくり熟成させました。とにかく激辛!

【関連】タコ墨とイカ墨の違いとは?タコ墨料理がない理由

タイトルとURLをコピーしました